スイッチフェア 大阪/不動産投資/中古マンション・中古戸建(戸建賃貸)売買/セミナー

区分収益物件 一棟収益物件 収益不動産 大阪

今はバブル期並みの地価になっているって本当?

カテゴリ:不動産投資 配信日:

最近、地価上昇のニュースが増えていますが実際はバブル期のような値上がりはしていません。ですが不動産への投資は止めておくべきかというと、それは違います。バブル期とはまた違う投資観があり、価値のあるものにはしっかり価値がついてる今こそ不動産投資が安定した収入をもたらしてくれます。

地価上昇のニュースが増加

7月に国土交通省が路線価の発表を行いました。ニュースなどでは、銀座の一部のエリアの地価がバブル期(正確にはバブル崩壊直後の1992年)を上回ったという報道をメインに吸えるなど、まるで日本の地価が大きく上昇しているのかのような報道となっていました。確かに国土交通省の発表では、東京の地価は2~3%も上昇傾向にあり、神奈川、埼玉、千葉の東京よりのエリアも、それにともなって大きく伸びている様子が数字から見て取れました。また名古屋や大阪の中心エリアも大きく地価を伸ばし、ビジネス、観光の双方の需要によって地価が伸びているといえるでしょう。

実際の地価について

しかし本当に今は土地バブルが発生しているのでしょうか。結論から言うとNOと言えるでしょう。昭和末期から平成初期の土地バブルの象徴的な出来事と言えば、東京の一等地だけではなく日本全国の地価が大きく値上がりしていたことに象徴されます。各地で山野を破壊してゴルフ場開発が行われたり、第3セクターの施設が全国各所に建設されました。しかし今の日本で極端に地価を上げているのはほんの一部のエリアであり、人口の減少に伴って地方では地価は下落する一方になっています。また東京でも西部の市郡は地価があがっていませんし、神奈川も川崎や横浜は好調ですが、神奈川西部は人口の減少も地価の下落も止まる様子が見えません。

バブル期ではない現代で不動産投資をする意味

ではバブル期ではないから不動産投資をやめたほうがいいのかというと、それもNOです。一部の都心の地価が上がるということは、ある意味で実需要に沿った値上がりが起きているといえるでしょう。バブルとは価値の無いものに見せかけの価値が付き、それが弾けて無になったから言われているのです。その意味では価値のある物にしっかりと価値がついている今の状況は、バブルではありません。都心や値上がりをしている不動産に投資をしても、急激な下落は起きにくく、手堅く家賃収入を得られる可能性は高いです。

弊社ではその不動産投資について解説するセミナーを実施しております。

内容「家賃収入で年収UP!不動産投資セミナー!」

どんな人が買っているの?自分でも買えるのかな?
興味はあるけど不動産投資のイメージが浮かばない
不動産投資本やWEBで調べてもよく分からない

これから始めたい方、初心者の方にオススメです!不動産投資の基本からメリットやデメリットをご説明します!ご予約は下記ボタンから!


LINE@からも不動産投資セミナーの参加を受け付けております。

上記QRコードよりLINE@トーク画面にて「不動産投資セミナーの参加希望」と入力してメッセージの送信お願い致します。現在スマートフォンで閲覧されてる場合は画面下部の緑のバーをタッチでLINE@に遷移しますのでメッセージ送信お願いします。

収益物件ならお任せください

不動産投資セミナーを随時実施中です。参加費は無料ですので、初心者の方も気軽にお問い合わせください。

06-6949-8812

営業時間 10:00~20:00

お問い合わせ頂いた内容を担当者より
ご連絡させていただきます

不動産投資セミナーの参加を随時受付中

最新収益物件情報Properties

収益物件はおまかせください。

06-6949-8812

営業時間 10:00~20:00

お問い合わせフォーム