スイッチフェア 大阪周辺の不動産投資(区分所有)部件ご案内

区分収益物件 一棟収益物件 収益不動産 大阪

株式投資よりも不動産投資をサラリーマンにオススメする理由とは?

カテゴリ:サラリーマン向け投資情報
配信日 : 更新日 :

サラリーマンとして働く人の中には副業として株式投資や不動産投資を行っている方もいます。

株式投資と不動産投資は同じ投資でも異なる部分もあり、自分に合った投資方法を選ぶことが必要になります。

その中でも不動産投資はサラリーマンに人気が高く、副業として始める人が増えています。

今回は、株式投資よりも不動産投資をサラリーマンにオススメする理由についてお伝えします。

株式投資と不動産投資の特徴

副業として投資を考えている人の中には、株式投資か不動産投資で迷う人も少なくありません。

まずはそれぞれの投資の特徴について見てきましょう。

株式投資

株式投資は、企業の発行した株式を購入したり売却することで配当金を得ることで利益となります。

株価は常に変動しているため、株価が安くなったタイミングで購入し高くなったら売却することで売却益を得られます。

株式を保有していることで配当金や株主優待などを得ることができます。

株価は経済の影響を受けやすいため損をするリスクはありますが、保有する金額以上の損はないため調整しながら続けることが可能です。

不動産投資

不動産投資は、マンションやアパートなどの不動産を購入することで家賃収入などを得ることができます。

購入したマンションやアパートなどの不動産は、人に貸すことで安定した家賃収入を得られ、将来的に不労所得や年金対策にも繋がります。

不動産を保有することで家賃収入を得られるだけでなく、売却することでまとまった資金を得ることもできます。

また、生命保険の代わりや節税効果も期待できるためサラリーマンをはじめとする幅広い層に人気があります。

株式投資のメリット・デメリット

株式投資には配当金や株主優待を受けられるメリットがありますが、詳しく見て行きましょう。

株式投資のメリット

キャピタルゲイン(売却益)が得られる

株式投資のメリットの一つとして、キャピタルゲインが挙げられます。

株価が購入した時よりも上昇した時に保有している株式を売却することで、購入した金額よりも利益を得ることができます。

株価は経済の影響も受けやすく大きく下落する場合もありますが、長期の投資であれば高い確率でキャピタルゲインを得られると言われています。

配当金・株主優待が得られる

株主投資のもう一つのメリットとして、配当金や株主優待があります。

株を保有している期間の間はずっともらい続けることができるため、収入の一つになります。

配当金は保有している企業の業績によって変動が見られますが、多くの企業では安定した配当を心がけて取り組んでいます。

株主優待は自社製品の割引など様々な形で株主に対して還元を行っています。

インフレに強い

インフレとは、お金の価値が下落することを指しますが、株式投資はインフレに強い投資です。

企業が余裕する財産や収益はインフレ率に合わせて上がって行くため、インフレが進むにつれて株価も上昇します。

このため、預金や債券などの金融商品よりもインフレに対して強いと言われています。

株式投資のデメリット

株価の値が下がる可能性がある

株式投資でのデメリットは、株価が下がる可能性があることです。

購入した金額よりも下がってしまうリスクもあるため、損をすることも考えられます。

不動産投資のメリット・デメリット

次に不動産投資のメリット・デメリットについて見てきましょう。

不動産投資のメリット

安定した収入を得られる

購入した物件を賃貸で貸し出す場合は、年単位での契約になることが多いため、長期的に安定した収入を得ることができます。

また、入居してもらっている間は家賃収入が入り続けるため、一定の金額が副収入として入ってきます。

死亡保険代わりになる

投資用不動産をローンを利用して購入する場合は、団体信用生命保険への加入が義務となっているため、死亡保険の代わりになります。

この保険は、ローンが残っている状態で万が一死亡や高度障害などに陥った時は、ローンの残債は保険から支払われる仕組みになっています。

そのため、家族にローン支払いの負担をかけることなく、財産として残すことができます。

節税対策ができる

不動産投資で家賃収入などを得る場合は、確定申告が必要になります。

購入した物件の減価償却費などを経費として計上できるため、所得税などの控除が受けられ税金が手元に返ってきます。

このように節税対策を目的として不動産投資を始める人もいます。

インフレ対策

インフレは物価が上がった状態ですが、合わせて土地の価格も上昇します。

土地の価格の上昇に伴い家賃を値上げしたり、不動産を売却することによってまとまった資金を得ることができます。

不動産投資のデメリット

空室のリスクがある

空室になってしまうと家賃収入を得ることができません。

また、入居者が退室してもすぐに次の入居者が見つかる保証はないため、空室のリスクが伴います

金利のリスク

不動産投資用の物件を購入するときに銀行のローンを利用して進める場合、金利の変動による影響を受けることがあります。

金利が上昇した場合は、返済額の負担が増えるなどのリスクもあります。

不動産価格が下落するリスク

不動産は景気の影響を受けやすいため、不景気などにより購入した物件の価格が下がってしまうこともあります。

このようなリスクを回避するためにも、価格下落のリスクに強い物件選びなどが重要になります。

株式投資よりも不動産投資をサラリーマンにオススメする理由とは?

ここでは、株式投資よりも不動産投資をサラリーマンにオススメする3つの理由についてお伝えします。

手間がかからない

不動産投資は賃貸経営になるため手間がかかるイメージを持っている人もいます。

マンション区分での投資であれば、管理会社に委託することで手間がほとんどかからず、サラリーマンであっても両立させることができます。

しかし、アパート経営になると部屋数も多くなるため、管理会社とのやりとりも増え、マンション区分よりも負担が大きくなります。

手間をかけずに不動産投資をする場合は、マンション区分での投資から始めることがオススメです。

節税対策になる

先ほどの項目でも触れましたが、不動産投資用物件を購入することで確定申告ができるようになり、所得税などの控除が受けられ節税対策になります。

税金の還元が受けられるため、節税の効果も得られます。

レバレッジをかけて投資ができる

不動産投資はレバレッジをかけて投資ができることも特徴の一つです。

購入した物件を担保に次の物件の購入も可能になるため、まとまった資金が調達できなくても投資が可能になります。

レバレッジをかけて投資ができる点は株式投資とは違ったメリットになります。

こんな方に不動産投資はオススメ

株式投資や不動産投資には、それぞれメリット・デメリットがありますが、不動産投資がオススメな方を見ていきましょう。

  • レバレッジをかけて投資したい
  • 少額から投資を始めたい
  • 節税対策をしたい
  • サラリーマン大家さんに興味がある
  • 余っている土地を利用して、アパートやマンションを経営したい
  • 手間がかからず投資したい

不動産投資は少額からスタートさせることも可能であり、節税対策ができるなどサラリーマンにとってのメリットも多いです。

不動産投資は投資よりも経営要素が大きいため、しっかり理解した上で始めることが重要になります。

不動産投資で失敗しないためには?

不動産投資を上手く進めるためには、「正しい情報」を身につけることが大切になります。

不動産投資に興味をお持ちの方は、資料請求&セミナーへお越しいただくことをオススメしています。

資料請求

「まずは資料請求から」という方に向けて、郵送&ダウンロード形式の資料をご用意しています。

資料請求ページは、コチラからご確認ください。

資料請求案内ページへ

個別相談&セミナー

弊社ではサラリーマンの方が適切に不動産投資をしていくための「不動産投資セミナー」を実施しております。

内容「家賃収入で年収UP!不動産投資セミナー!」

  • どんな人が買っているの?自分でも買えるのかな?
  • 興味はあるけど不動産投資のイメージが浮かばない
  • 不動産投資本やWEBで調べてもよく分からない

不動産投資の基本から丁寧にご説明しますので、これから始めたい方や初心者の方にオススメです!

参加費は無料で行っておりますので、興味をお持ちの方はお気軽にご参加ください。

ご予約は下記ボタンから!


LINE@からも不動産投資セミナーの参加を受け付けております。

上記QRコードよりLINE@トーク画面にて「不動産投資セミナーの参加希望」と入力してメッセージの送信お願い致します。現在スマートフォンで閲覧されてる場合は画面下部の緑のバーをタッチでLINE@に遷移しますのでメッセージ送信お願いします。

収益物件ならお任せください

個別セミナーを随時実施中です。初心者の方も気軽にお問い合わせください。

06-6949-8812

営業時間 10:00~20:00

お問い合わせ頂いた内容を担当者より
ご連絡させていただきます

個別セミナー随時受付中

収益物件はおまかせください。

06-6949-8812

営業時間 10:00~20:00

お問い合わせフォーム