スイッチフェア 大阪/不動産投資/中古マンション・中古戸建(戸建賃貸)売買/セミナー

区分収益物件 一棟収益物件 収益不動産 大阪

戸建賃貸への投資は住宅ローンが使える?

カテゴリ:不動産投資 配信日:

不動産投資

中古戸建(戸建賃貸)

融資

不動産投資は自己資金が少ない場合でも家賃収入や物件売却によって融資を回収できる可能性が高いため、株式投資やFXと違ってローンを組むことができるのが不動産投資のメリットと言えるでしょう。

ローンの中でも金利が特に低い住宅ローンを申し込むことができれば返済金額を抑えることができますが、購入する物件が居住用の物件ではなく投資用の物件でも住宅ローンを組むことができるのでしょうか?

住宅ローンを利用した戸建て投資の実態について見ていきましょう。

戸建て投資は住宅ローンが使えるのか

住宅ローンは不動産の購入であればどのような場合でも申し込むことができるのでしょうか?

住宅ローンの利用はローンの契約者が居住するための物件購入を行う場合のみに限られており、投資目的の物件購入には住宅ローンを原則利用することができません。

しかし、賃貸併用住宅で一定の条件を満たした場合には住宅ローンを申し込むことができます。

賃貸併用住宅とは

賃貸併用住宅とは自身の居住する部分と賃貸として貸し出す部分の2つの機能をもつ物件になりますが、2つの機能を持っていればどんな場合でも住宅ローンを申し込むことができるわけではありません。

賃貸併用住宅の中でも、建物の床面積の50%以上が自宅用のスペースである場合に限り、建物全ての建築費用に対して住宅ローンを申し込むことができます。

住宅ローンの不正契約による罰則

賃貸併用住宅でも自宅用のスペースが50%未満であったり、自身の居住用と偽ったりして住宅ローンの契約を行った場合に罰則はあるのでしょうか?

住宅ローンの契約が虚偽によるものであった場合には、一括返済を求められたり悪質な場合には訴訟に発展してしまったりする可能性があるので注意が必要です。

住宅ローンは金利が低い以外にも、フルローン契約を結ぶことができるなどのメリットがありますが、後でトラブルが生じないように融資条件をきちんと満たしているのかしっかりと確認を行うようにしましょう。

収益物件ならお任せください

不動産投資セミナーを随時実施中です。参加費は無料ですので、初心者の方も気軽にお問い合わせください。

06-6949-8812

営業時間 10:00~20:00

お問い合わせ頂いた内容を担当者より
ご連絡させていただきます

不動産投資セミナーの参加を随時受付中

最新収益物件情報Properties

収益物件はおまかせください。

06-6949-8812

営業時間 10:00~20:00

お問い合わせフォーム