スイッチフェア 大阪/不動産投資/中古マンション・中古戸建(戸建賃貸)売買/セミナー

区分収益物件 一棟収益物件 収益不動産 大阪

中古マンションの減価償却

カテゴリ:不動産投資 配信日:

不動産投資

中古区分マンション

節税対策

不動産を購入する目的なひとつに、節税効果が見込めるといった点があります。

節税効果を出すには不動産の帳簿上の運用を赤字にしなくてはいけませんが、 実際に赤字が発生して節税ができても、本来の目的から考えれば、あまり嬉しくないところでしょう。

しかし減価償却費を計上することで、手持ちの現金を減らすことがなく帳簿上で赤字にすることができます。

中古区分マンションで減価償却費を計上する際は、どういった計算式になるのかを見ていきましょう。

建物を元に減価償却の耐用年数は決まっている

まず建物の構造ごとに法定耐用年数は決まっています。 マンションは頑丈なRC造であることがほとんどなので、法定耐用年数は47年になります。

新築でマンションを購入した場合はマンションの購入費用を47で割った数字が毎年の減価償却費となるのです。

中古区分マンションの耐用年数の算出の方法

一方中古区分マンションの場合は耐用年数の算出方法が少し違ってきます。

もちろんベースとなるのは法定耐用年数である47年ですが、まず購入した時点で築何年かという点を確認しましょう。

RC造のマンションの場合耐用年数47年となり、そして購入時点で築年数20年だとしたら、残りの耐用年数はストレートに考えると27年になります。

ただし中古区分マンションの場合は計算方法が違い、もう少し法定耐用年数を延ばすことができます。

計算式としては法定耐用年数の47から築年数の20年に0.8を掛けます。この0.8の係数は決められています。

つまり築20年の中古区分マンションの購入時手の法定耐用年数は47-(20×0.8)=31年となります。

具体的な減価償却費の出し方

法定耐用年数がわかったら、物件の購入に必要になった費用をその年数で割れば毎年の減価償却費を算出できます。

ただしマンションの場合は物件、土地というそれぞれの費用がどの程度の金額になっているかが分かりにくい面があります。

土地は消耗品ではないので減価土地の購入費用に関しては減価償却費を計上できません。

そのため正確に減価償却費を計算するには、マンションの購入時に建物がいくら、土地がいくらかと行った内訳をしっかりと確認しておきましょう。

先程の築20年マンションでしたら、建物の購入費用が1,550万円の場合、それを31年で割れば、毎年減価償却費として50万円を計上することができます。

50万円も帳簿上で利益を減らすことができるので、節税効果は大きなものが見込めるでしょう。

 

収益物件ならお任せください

不動産投資セミナーを随時実施中です。参加費は無料ですので、初心者の方も気軽にお問い合わせください。

06-6949-8812

営業時間 10:00~20:00

お問い合わせ頂いた内容を担当者より
ご連絡させていただきます

不動産投資セミナーの参加を随時受付中

最新収益物件情報Properties

収益物件はおまかせください。

06-6949-8812

営業時間 10:00~20:00

お問い合わせフォーム