スイッチフェア 大阪/不動産投資/中古マンション・中古戸建(戸建賃貸)売買/セミナー

区分収益物件 一棟収益物件 収益不動産 大阪

勤務医の副業で節税するなら不動産投資

カテゴリ:医師向け不動産投資情報 配信日:

医師向け不動産投資

節税対策

医者は、重責な業務内容ではあるものの、その責務に見合った収入が約束されている仕事として昔から注目されてきました。

しかし、実際には研修医や勤務医などの場合には、サラリーマンより収入はいいものの医師になるために要した費用や時間を比較してしまうと物足りない水準となってしまうのが現状です。

そんな中、副業を行うことで収入の安定を図る勤務医が増えてきており、節税につながるという理由で不動産投資を選択する人が多くなっているのですが、なぜ節税につながるのでしょうか?

不動産投資と節税の関係について見ていきましょう。

不動産所得の損益通算による節税

不動産投資によって発生する家賃収入は不動産所得、勤務によって発生する収入は給与所得にそれぞれ分類されます。

不動産所得は給与所得と合算して課税が行われると考えると分かりやすいのですが、給与所得を基準にして既に行われた課税に対して、不動産所得が赤字の場合には赤字にかかる課税分だけ還付を行ってくれます。

本来であれば給与所得と不動産所得はそれぞれ別に課税され、赤字の不動産所得には課税が行われないものの給与所得にはまともに課税が行われてしまうことを考えると、損益通算が節税につながっていると言えるでしょう。

不動産投資の経費による節税

不動産投資を行うためには修繕費や水道光熱費、不動産会社に管理を委託する場合の管理費、固定資産税など様々な経費が発生します。

このような経費は、不動産投資を行うために必要であったものに限り、全て家賃収入から差し引くことで所得を圧縮することができるため、節税につなげることができるでしょう。

実際には支出しない減価償却による節税

不動産投資による大きな節税効果が期待できるのは、減価償却による節税です。

減価償却とは、不動産投資における建物部分に発生するのですが、築年数の経過による資産価値の目減りを経費として計上する方法になります。

減価償却は実際の支出を伴っていないため、大きな節税効果が期待できるでしょう

収益物件ならお任せください

不動産投資セミナーを随時実施中です。参加費は無料ですので、初心者の方も気軽にお問い合わせください。

06-6949-8812

営業時間 10:00~20:00

お問い合わせ頂いた内容を担当者より
ご連絡させていただきます

不動産投資セミナーの参加を随時受付中

最新収益物件情報Properties

収益物件はおまかせください。

06-6949-8812

営業時間 10:00~20:00

お問い合わせフォーム