スイッチフェア 大阪/不動産投資/中古マンション・中古戸建(戸建賃貸)売買/セミナー

区分収益物件 一棟収益物件 収益不動産 大阪

戸建賃貸の融資について説明

カテゴリ:不動産投資 配信日:

不動産投資

中古戸建(戸建賃貸)

融資

中古戸建ては、初期投資を少なく抑える始めることができることから、不動産投資の初心者の方でも安心して気軽に始めることができる投資法として注目されています。

初期投資を抑えることができると言っても、ある程度の資金を準備しなければなりません。

自己資金だけで投資を行えない場合には金融機関等から融資を受けて不動産投資を行いますが、融資は簡単に受けることができるのでしょうか?

中古戸建てにおける融資についてご説明します。

中古戸建ての融資

融資を行う側は、返済が滞った場合にも回収を行えるように不動産を担保に入れて契約を締結しますが、築年数によって資産価値が大きく異なってしまいます。

将来的な家賃収入の減額が予想されることなどから、築年数が経過しすぎた物件の場合は融資を受けにくくなる、あるいは融資額が少なくなってしまう可能性が高いと言えるでしょう。

金融機関別に見てみると、公庫などの比較的利子が低い(1.5%前後)金融機関は担保の資産価値を重視しやすい傾向にあるため、比較的利子の高い3%前後の銀行系のローンなどを活用することが多くなります。

融資を受けるメリット

融資を受けることでチャンスを活かし、収益を最大限にすることができます。

例えば、自己資金500万円で、利回り8%の500万円の物件と利回り12%の700万円の物件があったとしたら、皆さんはどちらの中古戸建てを購入しますか?

本来であれば自己資金の範囲内の物件を購入しますが、融資のおかげで選択の幅が増えることでより高利回りの物件を運用できるほか、融資分の利回りが上乗せになるのでより収益を確保することができます。

融資を受けるデメリット

融資を受けるということは、中古戸建ての運用状況の良し悪しにかかわらず必ず返済を行わなくてはなりません。

必要以上に融資を受けてしまうと、将来的に家賃の減額が生じた場合に返済の目途が立たなくなるなど、返済のために他の資産に手を付けなければならなくなるので注意が必要です。

なるべく自己資金の範囲内で投資を行い「今だ」というタイミングで融資を活用するようにしましょう。

収益物件ならお任せください

不動産投資セミナーを随時実施中です。参加費は無料ですので、初心者の方も気軽にお問い合わせください。

06-6949-8812

営業時間 10:00~20:00

お問い合わせ頂いた内容を担当者より
ご連絡させていただきます

不動産投資セミナーの参加を随時受付中

最新収益物件情報Properties

収益物件はおまかせください。

06-6949-8812

営業時間 10:00~20:00

お問い合わせフォーム