スイッチフェア 大阪/不動産投資/中古マンション・中古戸建(戸建賃貸)売買/セミナー

区分収益物件 一棟収益物件 収益不動産 大阪

年収500万で不動産投資をする場合

カテゴリ:不動産投資 配信日:

不動産投資

年収別

不動産投資と聞くと「株式投資などの投資よりも初期投資が大きくなる」と警戒している人も多いのではないでしょうか?

不動産投資は確かに不動産という大きな資産を購入するため初期投資が大きくなりますが、株式投資のように大きな価格変動が生じないため、売却時に値崩れを起こしにくい安定資産と言えます。

年収500万では具体的にどのような不動産投資法が選択できるのか見ていきましょう。

中古戸建て運用

中古戸建ては築年数や広さによって価格が異なりますが、初期費用の目安として400万前後で不動産運用を行うことができます。

初期費用を抑えることができることからリノベーションやリフォームを行っても利回りが10%を超えることが多く、運用を行っても数年で投資分を回収できるようになるでしょう。

シェアハウスや民泊など様々な運用方法が期待できます。

中古区分マンション運用

中古区分マンションは中古戸建てと比較すると、こちらも築年数や広さによって価格が異なりますが、初期費用の目安として800万前後で不動産運用を行うことができます。

初期費用が中古戸建てより大きくなってしまうことから、利回りが10%を下回ることが多くなりますが、立地条件が良いことが多く、根強い人気から空き部屋が生じにくいというメリットがあります。

住居としてはもちろん、エステや教室としての貸しスペースなど様々な運用方法が期待できます。

融資を受ける

年収が500万の場合には、ある程度の生活資金を確保しながら余裕資金での運用になるため、初期投資を抑えながら高利回りの中古戸建てを運用するのがベストと言えるでしょう。

高利回りで条件のいい中古区分マンションを見つけた場合には、年収が500万円程度あれば比較的融資を受けやすくなるので、融資を受けながら中古区分マンションの運用も行うことができます。

不動産投資を行う上で最も大切なことは、無理のない計画を立てて資産運用を行うことで、無謀な投資は避けなければなりません。

どのように不動産投資を行えばいいかわからない場合は、自分で決めずに不動産会社にアドバイスを求めることをおすすめします。

収益物件ならお任せください

不動産投資セミナーを随時実施中です。参加費は無料ですので、初心者の方も気軽にお問い合わせください。

06-6949-8812

営業時間 10:00~20:00

お問い合わせ頂いた内容を担当者より
ご連絡させていただきます

不動産投資セミナーの参加を随時受付中

最新収益物件情報Properties

収益物件はおまかせください。

06-6949-8812

営業時間 10:00~20:00

お問い合わせフォーム