スイッチフェア 大阪/不動産投資/中古マンション・中古戸建(戸建賃貸)売買/セミナー

区分収益物件 一棟収益物件 収益不動産 大阪

中古区分マンション投資で節税する方法

カテゴリ:不動産投資
配信日 : 更新日 :

不動産投資

節税対策

不動産投資の大きなメリットに節税があります。節税になる仕組みがいまいち分からないと言う人もいるかもしれません。 そこで中古区分マンション投資で節税する方法について説明します。

サラリーマンの収入と合算して節税に役立てる

中古区分マンションなどを購入した一年目は、税金や多額の費用として金利分の支出がかなり多くなります。特に最初に必要な、登録免許税や不動産取得税があるので、物件購入の1年目から2年目の年間収入は、黒字になるということは実は非常に少ないのです。

しかしそこが節税のポイントになります。不動産投資による収入はサラリーマンの収入と合算して、最終的な所得税率などを出すことが可能になります。所得税率累進課税なので、例えば900万円の収入があれば40%もの税率になってしまいます。

しかし物件を購入し、税金や経費などを大きくすれば不動産投資の利益を最終的にマイナスにすることができます。不動産投資で税金が多かったので、初年度赤字50万でしたら、サラリーマンの収入を合わせて900万円の収入を、850万円にして税率、税額をを大きく下げることができます。

減価償却費は節税に使う

不動産投資を行う上で、経費として計上できるものに物件の減価償却費があります。

減価償却費は実際に支出はないながらも、経理上は費用として計算できるので、利益のコントロールに大きく役立てることができます。

不動産投資の1年目や2年目の大きな税金支出がなくなった後も、原価償却費があれば、不動産投資額の利益を少なくしたり抑えることは可能です。

その不動産投資の利益と、サラリーマン本業の収入合わせてサラリーマン本業の収入を少なくすることができれば、税率が低くなって節税をすることができます。

相続税の節税に役立てる

最近増えているのが、相続税の節税目的で不動産購入をするという人です。相続税は財産の金額によって累進課税で税額が大きく異なっていきます。

直接現金で持っているよりも、不動産にしておいた方が資産としての評価額が低くなるので、節税できるのです。

特にそれぞれの土地の所有部分が少ない中古区分マンションなどは、土地の評価額が戸建てよりも低く算出されるので、売買価格と相続税としての評価額に大きく差が出ることがあります。

実際は8000万円で売買されているような中古区分マンションが、相続税の評価額計算だとその半額程度になることもあるのです。そのため財産を遺族に残してあげたいと言う富裕層に人気があるのです。

収益物件ならお任せください

個別セミナーを随時実施中です。初心者の方も気軽にお問い合わせください。

06-6949-8812

営業時間 10:00~20:00

お問い合わせ頂いた内容を担当者より
ご連絡させていただきます

個別セミナー随時受付中

収益物件はおまかせください。

06-6949-8812

営業時間 10:00~20:00

お問い合わせフォーム