スイッチフェア 大阪/不動産投資/中古マンション・中古戸建(戸建賃貸)売買/セミナー

区分収益物件 一棟収益物件 収益不動産 大阪

不動産投資を始める方の年収

カテゴリ:不動産投資 配信日:

不動産投資

年収別

不動産投資は株式投資などと比較すると初期投資が多くかかることから、年収が多い人でなければ不動産投資を行うことができないと思っていませんか?

むしろ不動産投資を積極的に行っているのは、年収が低い人や資産運用の時間が確保しにくい人に好まれているという傾向があります。

どの程度の年収であれば不動産投資を行うことができるのかについて見ていきましょう。

年収500万の不動産投資

不動産投資を行う最低限の基準というものは今まで明確にされてきませんでしたが、金融機関などから融資を受けることやある程度自己資金の拠出を行うことを想定した場合に、年収500万が1つの目安とされてきました。

平成28年の国税局の調査による生涯の平均年収が531万という結果からすると、年収500万はなかなか高い年収レベルにあることになります。

現在でも年収500万が不動産投資を行う最低水準となっているのでしょうか?

年収300万の不動産投資

20代から30代にかけての平均年収は300万となっており、とても最低水準の500万に及びません。

しかし、近年ではマイナス金利政策の影響で各金融機関の業績が悪化しつつあることから、以前よりも少しでも顧客を増やして業績を改善するために、積極的にアパートローンの融資を行うようになっています。

そのため、以前のような年収500万という基準ではなく安定した収入を確保できるサラリーマンであれば、比較的容易に融資を受けることができるようになっており、年収300万でも不動産投資を行えるようになりました。

自己資金が必要とは限らない

不動産投資の場合には家賃収入による返済が期待できますが、確実に融資を回収するために金融機関が物件に抵当権を設定したり、返済が完了するまでは物件の所有権が金融機関側にあるように設定します。

以前のように自己資金をある程度確保しなければ融資を受けることができないという状況ではなくなってきているため、収入が少なくてもフルローンで不動産投資を行うことができるようになりました。

今は不動産投資を行うには最適の状況と言えるでしょう。

収益物件ならお任せください

不動産投資セミナーを随時実施中です。参加費は無料ですので、初心者の方も気軽にお問い合わせください。

06-6949-8812

営業時間 10:00~20:00

お問い合わせ頂いた内容を担当者より
ご連絡させていただきます

不動産投資セミナーの参加を随時受付中

最新収益物件情報Properties

収益物件はおまかせください。

06-6949-8812

営業時間 10:00~20:00

お問い合わせフォーム