スイッチフェア 大阪周辺の不動産投資(区分所有)部件ご案内

区分収益物件 一棟収益物件 収益不動産 大阪

医師だからこそ「不労所得」をオススメする3つの理由

カテゴリ:医師向け不動産投資情報
配信日 : 更新日 :


医師は平均年収が1000万円を超えるなど、高収入を得られる職業です。

高収入ですがその分納める税金も高く、結果的にそれほど手元に残らないと感じる人も少なくありません。

開業医の場合は確定申告により経費計上などを行うことができますが、勤務医は確定申告ができない場合も多いです。

「時間もない多忙な医師が「不労所得」に取り組めるわけがない」とお考えの方もいるかもしれません。

不労所得の中には時間も手間もかけずに取り組めるものもあります。

今回は、医師だからこそ「不労所得」をオススメする3つの理由についてお伝えします。

高所得の医師が一番損をしている!?

医師の平均年収は1000〜1500万円を超えると言われており、勤務医で平均年収1600万円以上、開業医になると3000万円以上とのデータもあります。

数字だけを見ると高収入の部類に入り、裕福な生活が送れるのかと思われがちですが、実際はそうではありません。

年収が高くなればなるほど、納める税金も多くなるのです。

年収が高い分税金の支払いも多くなる

日本は累進課税制度を導入しているため、年収が多くなればなるほど、納める税金も多くなる仕組みです。

所得税の課税計算では、年収1000万円を超えると30%以上になります。

頑張って働き1000万円の収入があったとしても、約30%ほどは税金として納めなければならないため、諸々の支払いを差し引いて600〜700万円ほどしか残らない場合もあります。

過酷な環境で働く医師ですが、その分納める税金の金額も高くなるので、納得がいかないと感じる人もいるでしょう。

節税対策をしたいと悩む勤務医も多い

年収に対して納める税金が高くなることから、節税対策をしたいと考える勤務医も多いです。

大学病院や民間の病院に勤務する医師は、所属している病院から給与をもらうため、保険料も合わせて天引きされています。

そのため、節税対策ができないことから、提示された税金を納めるしかないと諦める人も少なくありません。

勤務医は経費申請ができない

勤務医は病院に所属しているため、確定申告の必要がありません。

病院で年末調整を行うので、経理関係の手間が省ける分、経費として申請できないため節税対策がしにくいと言われています。

中には、ふるさと納税などを活用して所得税控除を受けている人もいるかもしれません。

基本的には副収入や「ふるさと納税」などを活用しなければ、確定申告をする必要がないため、自分で確定申告などの申請したことがない人も多いでしょう。

開業医は確定申告ができる

開業医は勤務医と異なり、事業主となるため確定申告が必要になります。

税理士に依頼できるとは言え、ある程度の知識は必要になるため、確定申告に関する勉強や知識も求められます。

事業主として確定申告ができるため、事業にかかったお金は経費として申請できることが特徴です。

経費申請ができることから、節税対策に取り組む開業医のドクターも多いです。

多忙な医師に不労所得をオススメする3つの理由

勤務医は多忙であり自由な時間すらない、という人も多いでしょう。

多忙な医師だからこそ、不労所得がオススメなのです。

①節税対策になる

不労所得を得ることにより、勤務医は確定申告ができるようになります。

副業にかかった費用などを一部、経費として申請できるので控除を受けることができます。

確定申告ができることにより、課税所得が減り税金の還元が受けられるものもあるのです。

高所得の医師にとって、節税効果が得られるのはメリットも大きいでしょう。

②安定した副収入を得ることで心の余裕ができる

通常の勤務だけでなく、当直やバイトに時間を削っている医師もいるかもしれません。

中には、お金のためにバイトを増やしている人もいます。

不労所得により安定した副収入が得られることで、心の余裕にもつながります。

副業の中には、毎月安定した副収入を得られるものもあるため、精神面でも楽になるでしょう。

③早期リタイアに向けた準備ができる

医師の中には、過酷な環境から早く脱却したいと考える人もいます。

身体的にも精神的にもハードな仕事であるため、何十年も続けていく自信がないと思う人も少なくありません。

早期リタイアするためには、リタイア後の生活のために安定した収入が欲しいですよね。

早期リタイア後の資金のために、不労所得に取り組み資産形成を行う人も少なくありません。

安定した不労所得を得るなら不動産投資がベスト

「不労所得」と言っても株式投資やFX、など様々なものがあります。

その中でも不動産投資が手間や時間もかからないため、多忙な医師に向いていると言われています。

特に、勤務医は確定申告ができるため、節税効果としても大きな効果を得ることができるでしょう。

時間も手間もかからない

不動産投資は、購入した収益用物件を人に貸すことで家賃収入を得るものです。

入居者が入居し続けている間は家賃収入が得られるため、時間も手間もかかりません。

入居者対応なども管理会社に任せることで、全て対応してもらえるので、自らが動くことはありません。

多忙な医師にとって、時間も手間もかからない副業は取り組みやすいですよね。

毎月安定した収入を得ることができる

不動産投資は、入居者が入居し続けている間は家賃収入が得られる仕組みです。

家賃収入は毎月発生するので、毎月安定した収入を得ることができます。

収益用物件を購入したローンの支払いも、家賃収入から差し引いて返すため、銀行と入居者のお金だけを回すだけで返済できることも特徴です。

毎月少しでも安定した収入があれば、心のゆとりにもつながりますよね。

資産形成ができる

収益用に購入した物件は、資産になります。

物件のローン返済が終われば、自分の所有物になるため、売却して現金を得ることも可能です。

売却せずに、老後の家として維持することもできるので、現物資産として手元に残ることが特徴。

コツコツと長い年月をかけて資産形成をしていきたいと考えている人には、不動産投資がオススメです。

<まとめ>

今回は、多忙な医師に向けて「不労所得」についてお伝えしました。

不動産投資は、手間をかけずに資産形成ができるだけでなく、毎月安定した不労所得が手に入ります。

医師として何十年も働くことも大切ですが、早いうちから資産を形成して、老後の自由な生活に備えることも必要です。

多忙な医師だからこそ、賢くお金を管理することが大切ではないでしょうか。

収益物件ならお任せください

個別セミナーを随時実施中です。初心者の方も気軽にお問い合わせください。

06-6949-8812

営業時間 10:00~20:00

お問い合わせ頂いた内容を担当者より
ご連絡させていただきます

個別セミナー随時受付中

収益物件はおまかせください。

06-6949-8812

営業時間 10:00~20:00

お問い合わせフォーム