スイッチフェア 大阪周辺の不動産投資(区分所有)部件ご案内

区分収益物件 一棟収益物件 収益不動産 大阪

医師が不動産投資で融資を有利に受けるために知っておきたいポイント

カテゴリ:医師向け不動産投資情報
配信日 : 更新日 :


不動産投資は銀行の融資を受けられることから、自己資金が少なくても始められる投資です。

特に医師は社会的にも信用があるため、銀行の融資が受けやすく有利だと言われています。

医師だから融資を受けやすく有利だとは言え、上手く活用することも必要です。

今回は、医師が不動産投資を始めるにあたり、融資を有利に受けるために知っておきたいポイントについてお伝えします。

不動産投資で受けられる融資は年収の6〜8倍が目安

不動産投資を始める方の多くは、銀行で不動産投資ローンを組んで取り組むことが一般的です。

不動産投資ローンで受けられる融資の限度額は、年収の6〜8倍が平均と言われています。

そのため、自分の年収で融資の金額が決まるのです。

医師は平均年収が1500万円と高所得であることから、融資の限度額も高くなることが多いです。

さらに、医師の中でも勤続年数や勤務先などのよっては、年収の10倍以上まで融資する金融機関もあります。

医師は年収が高く融資が多くなる傾向がある

先ほども触れたように、一般的なサラリーマンと比べて医師は年収が高いため、融資も多くなる傾向にあります。

融資が多くなる理由としては、年収だけでなく、医師という職業や属性、勤務先なども評価に含まれます。

上手く融資を活用することで、自己資金がゼロの状態で不動産投資をスタートさせる人も少なくありません。

不動産投資で融資を受けるための主な条件

不動産投資ローンは、住宅ローンよりも基準が厳しく設定されています。

条件を満たさない場合は融資が受けられないこともあります。

不動産投資で融資を受けるための主な条件は、下記のようなものがあります。

  1. 年収が400万円以上
  2. 勤務先
  3. 勤続年数
  4. 借入金の有無
  5. 物件の収益性

それぞれの条件を詳しく見ていきましょう。

1.年収が400万円以上

不動投資ローンは年収が多ければ多いほど、受けられる融資も増えます

そのため、年収が大きな基準の一つになります。

最近は低金利政策により年収400万円以上でも融資が受けられるパターンが多いですが、条件によっては審査に通らないこともあります。

2.勤務先

勤務先は会社の規模などが判断の基準となります。

上場企業なのか、それに準ずる規模の会社であるかが重要なポイントです。

病院の場合は、国立病院で勤務し、公務員として扱われる場合は上場企業に準ずると判断されることが多いです。

3.勤続年数

一般的には3年以上同じ会社で勤務していることが、勤続年数を評価するボーダーとなります。

短期間に転職が続いている場合は、収入が不安定と見なされるため、審査に通りにくいでしょう。

4.借入金の有無

借入金がある場合は、残債を減らしてから不動産投資に取り組む必要があります。

また、クレジットカードのキャッシング枠も「借入」と見なされるため、カードの持ちすぎも注意が必要です。

5.物件の収益性

不動産投資ローンにおいて、物件の収益性は重要なポイントになります。

不動産投資のローン返済は、家賃収入から支払うため、購入する物件の収益性は最も重要になります。

物件を購入するときは、実質利回りが良い物件を購入することが融資を有利に進めるために必要です。

医師が融資を有利に受けるためのポイント

先ほどは、不動産投資ローンを受けるために必要な条件についてお伝えしました。

ここでは、医師が融資を有利に受けるためのポイントについて、詳しく紹介します。

キャッシュフローがあるところを見せる

医師という属性があるからとは言え、貯金がゼロの状態では融資する側も不安が残ります。

いざとなった時に返済できない状態では、融資の限度額も上げることはできません。

貯金などは返済能力だけでなく、しっかり計画を持って取り組むことができるという人柄を評価する指標にもなるため、利用する金融機関で預金をすることもポイントです。

を受ける金融機関の口座で預金することで、有利に進めることができます。

交友関係を活用する

医師の方は年収も多く、また仕事を通じて多くの富裕層との付き合いを持っている方も多いものです。

そういった普通の人がなかなか得られない知り合いのネットワークを、最大限に活用していくことで不動産投資の融資について詳しい方が存在する可能性も高いので、直接話を聞いて、知識を蓄え有利に進めることができます。

また、金融機関の方と知り合いになれば、金融機関から融資を受けるノウハウについて聞く事が出来ます。

医師という属性を最大限に活かす

昨今の融資に関する状況として、高年収の会社員より年収が低い医師の方がより融資を受けやすくなっています。

融資を受ける際に年収の面も大事ですが、何より医師という職業に対する属性が高く評価されるからです。

働けなくなってからでは属性を活用できないので、働いている間にフルに活用することをオススメします。

銀行の融資に関する疑問は不動産のプロに相談するのが一番

不動産投資を始めるにあたり、銀行の融資や審査、書類など様々な準備が必要になります。

不動産のプロは様々な人の不動産投資をサポートしているので、疑問や悩みなどを相談することで解決できます。

不動産投資をスムーズに進めていくためには、信頼できるパートナーを見つけることが必要です。

まとめ

今回は、医師が融資を有利に受けるために知っておきたいポイントについてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

医師は属性の良さから銀行の融資を受けやすいと言われていますが、方法次第では有利に進めることが可能です。

不動産投資に関する疑問は、不動産のプロに相談することが一番の解決策になります。

不動産投資で失敗しないためには?

不動産投資を上手く進めるためには、「正しい情報」を身につけることが大切になります。

弊社ではサラリーマンの方が適切に不動産投資をしていくための「不動産投資セミナー」を実施しております。

内容「家賃収入で年収UP!不動産投資セミナー!」

  • どんな人が買っているの?自分でも買えるのかな?
  • 興味はあるけど不動産投資のイメージが浮かばない
  • 不動産投資本やWEBで調べてもよく分からない

不動産投資の基本から丁寧にご説明しますので、これから始めたい方や初心者の方にオススメです!

参加費は無料で行っておりますので、興味をお持ちの方はお気軽にご参加ください。

ご予約は下記ボタンから!


LINE@からも不動産投資セミナーの参加を受け付けております。

上記QRコードよりLINE@トーク画面にて「不動産投資セミナーの参加希望」と入力してメッセージの送信お願い致します。現在スマートフォンで閲覧されてる場合は画面下部の緑のバーをタッチでLINE@に遷移しますのでメッセージ送信お願いします。

収益物件ならお任せください

個別セミナーを随時実施中です。初心者の方も気軽にお問い合わせください。

06-6949-8812

営業時間 10:00~20:00

お問い合わせ頂いた内容を担当者より
ご連絡させていただきます

個別セミナー随時受付中

収益物件はおまかせください。

06-6949-8812

営業時間 10:00~20:00

お問い合わせフォーム