スイッチフェア 大阪/不動産投資/中古マンション・中古戸建(戸建賃貸)売買/セミナー

区分収益物件 一棟収益物件 収益不動産 大阪

医師の税金対策はマンション経営が一番

カテゴリ:医師向け不動産投資情報 配信日:

医師向け不動産投資

中古区分マンション

医者は平均年収が高い職種として知られていますが、収入をそのまま現金として所有していると、相続税が改正された影響もあり膨大な税金を支払うことになってしまいます。

そこでおすすめするのがマンション経営による相続税や所得税の節税を行う方法になりますが、マンション経営の場合には特に減価償却による所得税の節税効果が期待されるでしょう。

医師がマンション経営を行う場合に期待される減価償却による節税効果について見ていきましょう。

減価償却による節税効果

物には耐用年数が決められており、実際に支出を伴わないにもかかわらず、経年劣化による資産価値の減少を経費として不動産所得から差し引くことができます。

建物は木造の場合22年など建物の構造によって耐用年数が決められていますが、土地は経年劣化が生じないため減価償却が行われません。

マンションの場合には土地に対して建築物が広く、取得価格に対する建物の占める価値が大きいため、減価償却による節税効果がさらに期待できるでしょう。

減価償却を最大限に発揮するには

減価償却による節税効果を最大限に発揮するには、減価償却がどのタイミングで終わるのか把握しておかなくてはなりません。

減価償却期間が終わっているのに気づかずに不動産運用を続けてしまうと、場合によっては本業による収入と合算した結果、課税率が引き上げられてしまい節税どころか増税になってしまう可能性があります。

出口戦略をしっかりと立てる

減価償却による節税効果を最大限に発揮するためには、マンションの購入の際に購入したマンションを最終的にどうするのかという出口戦略をきちんと立てておかなくてはなりません。

例えば、減価償却が終了するタイミングでマンションの売却を行い、その売却益で新しいマンションを購入することによって再度減価償却による節税効果が期待できるようになります。

開業して収入が多くなった場合には、特に所得税による影響を受けやすいため、マンション投資で減価償却をうまく活用することによって、節税効果を高めるようにしましょう。

収益物件ならお任せください

不動産投資セミナーを随時実施中です。参加費は無料ですので、初心者の方も気軽にお問い合わせください。

06-6949-8812

営業時間 10:00~20:00

お問い合わせ頂いた内容を担当者より
ご連絡させていただきます

不動産投資セミナーの参加を随時受付中

最新収益物件情報Properties

収益物件はおまかせください。

06-6949-8812

営業時間 10:00~20:00

お問い合わせフォーム