スイッチフェア 大阪周辺の不動産投資(区分所有)部件ご案内

区分収益物件 一棟収益物件 収益不動産 大阪

医師は不動産投資と相性が良いと言われる5つの理由

カテゴリ:医師向け不動産投資情報
配信日 : 更新日 :


医師は社会的な信用も高く、銀行からの融資が受けやすことから不動産投資と相性が良いです。

不動産経営は手間も時間もかからず、多忙な医師でも取り組みやすいことも魅力の一つとなっています。

不動産投資にご興味を持っている医師の中には、次のような疑問や質問を感じている方もいるのではないでしょうか?

  • なぜ医師と不動産投資は相性が良いと言われているのか
  • 医師が不動産投資を始めるメリットにはどのようなものがあるのか?

不動産投資は医師に限らずサラリーマンや主婦も取り組みやすい投資ですが、医師ならではのメリットもあります。

今回は、医師が不動産投資と相性が良いと言われる5つの理由についてお伝えします。

不動産投資は医師にもメリットの多い投資

不動産投資は「お金持ちが行うもの」などのイメージを持っている人もいるかもしれません。

最近では不動産投資のメリットを活用して医師に限らず、サラリーマンや主婦も取り組む投資となっています。

その中でも特に医師は不動産投資の効果を高く得られるため、資産形成の手段として選ぶ方が増えています。

医師は一般的に高所得者であり、所得が多い分、支払う税金も多額になります。

不動産投資では所得の損益通算ができるため、支払う税金を減らすことができるのです。

節税効果や資産形成に向いている

不動産投資は不動産を購入し、人に貸すことで家賃収入を得られるものです。

銀行の融資を利用することで、自分のお金ではなく人のお金で資産形成ができる投資の方法になります。

医師の平均年収は1000万円以上であり、高所得ですが、その分支払う税金も多額です。

日本は累進課税制度を導入しているため、所得が高くなればなるほど、支払う税金も多くなります。

しかし、不動産投資に取り組むことで、他人のお金で資産を回しているだけにも関わらず、節税効果を得ることができます。

このような理由から、高所得である医師は不動産投資と相性が良いのです。

医師が不動産投資と相性が良いと言われる5つの理由

ここでは、一般的に医師が不動産投資と相性が良いと言われる5つの理由について見ていきましょう。

①銀行の融資を受けやすい

医師は国家資格であり、社会的にも信用が高く、銀行の融資が受けやすいです。

融資額は一般のサラリーマンよりも多くなるため、その分購入できる不動産の数や質も変わってきます。

不動産投資を行う上で銀行の融資の受けやすさは重要になるため、融資が受けやすい属性は有利であると言えるでしょう。

不動産投資に取り組む医師の中には、融資をフル活用して複数の物件を購入し経営されている人もいます。

②節税効果が大きい

先ほどの内容でも触れましたが、不動産投資を行うことで本業の収入と不動産で得た収入を損益通算することができます。

損益通算とは、不動産投資によって出た損失を収入から差し引いて申告できる方法です。

不動産投資では修繕費用など経費として申請できるため、確定申告により支払う税金を減らすことができるなどのメリットがあります。

特に、医師は高所得であり支払う税金も多額になるため、節税効果のメリットが大きいと言われています。

③所有不動産を医療施設として活用することができる

不動産投資で収入を得る方法としては、次の2パターンになります。

  • 入居者からの家賃収入
  • 物件を売却した時に得られるキャピタルゲイン

物件を所有している人の中には、将来は自分が住むなどのように計画を立てている人もいます。

しかし、医師の場合は所有している物件をクリニックなどの医療関係施設として利用することができます。

クリニックなどの医療施設として利用できるのは、医師ならではの特権です。

将来的に開業医になることを考えている人は、今のうちから物件に投資しておくことで、物件探しの手間を省くことができます。

銀行の融資を受けながら確実に資産を形成できるので、将来的に安心して開業できるでしょう。

④忙しい合間に取り組むことができる

資産形成や投資には、知識や時間がかかるものもあります。

不動産投資は専門的な知識も必要なく、物件の管理は管理会社に委託できるので手間がかかりません。

経営のほとんどを委託できるため、忙しい医師に向いていると言われています。

資産形成を考える医師の多くは、いかに手間と時間をかけずに取り組むことができるかなどの視点を持っています。

不動産投資は時間も手間もかからないので、忙しい合間に取り組むことができる、医師にとって理想の資産形成と言えるでしょう。

⑤精神的にも生活に余裕が持てる

不動産投資では毎月安定した家賃収入を得ることができます。

これは入居者が入居し続けている間は安定して得ることができるので、金銭的にも余裕が生まれます。

勤務医の中には稼ぎを増やすために、本業とは別にバイトに必死に取り組む方も少なくありません。

不動産投資を始めることにより毎月安定した不労所得が得られるので、精神的にも生活に余裕を持って働くことができます。

メリットが多いが故に医師はターゲットになりやすい

ここまで医師と不動産投資の相性の良さについてお伝えしてきましたが、メリットが大きい分、医師はターゲットになりやすいことが分かります。

悪質な不動産会社に騙されることもある

不動産会社の中には悪質なものもあり、医師の属性の良さを利用して物件を買わせようと考える人もいます。

もちろん、不動産会社全てがこのような悪質な考えを持っているとは限りません。

中には悪質な考えを持つ不動産会社によって、不動産投資に失敗してしまった医師も少なくありません。

医師が不動産投資に失敗してしまったケース

不動産投資は失敗のリスクが少ないと言われていますが、ゼロではありません

医師の中にも銀行のローンの支払いができず、失敗してしまった人もいます。

言われるがままに所有物件を増やし返済不能に

医師は属性が良いため、銀行の融資枠も大きく、一度に複数の物件を購入することができます。

悪質な不動産会社は物件を購入させることしか考えていませんから、ことば巧みに物件を買わせようとします。

不動産投資は所有物件が増えれば増えるほど、ローンの返済期間も短くなり収益も増える特徴がありますが、戦略が必要になります。

営業マンに言われるがままに所有物件を増やしてしまい、空室が続くなど思うように経営が進まず多額のローンだけが残ってしまったなどのケースもあります

関連記事▼

医師が不動産投資で失敗するパターンとは?失敗例を紹介

不動産投資は計画的に取り組むことが大切

不動産投資は医師にとってメリットの大きい投資ですが、計画的に取り組むことが大切になります。

不動産投資を成功させるコツとして、物件の立地や目的、計画などが挙げられます。

とりあえず物件を購入するのではなく、将来を見据えたシミュレーションを立て、しっかり向き合ってくれる不動産会社を見つけることが必要です。

忙しいからこそ信頼できるパートナーを探すことが重要

医師は多忙であり、忙しいからこそ、信頼できるパートナーを探すことが重要になります。

不動産投資は管理会社にほとんどを委託することができますが、管理会社によってサービスの質も異なります。

不動産投資を成功させるためには、信頼できる不動産会社を見つけ、パートナーとしての関係性を築くことが成功への近道です。

不動産投資で失敗しないためには?

不動産投資を上手く進めるためには、「正しい情報」を身につけることが大切になります。

弊社ではサラリーマンの方が適切に不動産投資をしていくための「不動産投資セミナー」を実施しております。

内容「家賃収入で年収UP!不動産投資セミナー!」

  • どんな人が買っているの?自分でも買えるのかな?
  • 興味はあるけど不動産投資のイメージが浮かばない
  • 不動産投資本やWEBで調べてもよく分からない

不動産投資の基本から丁寧にご説明しますので、これから始めたい方や初心者の方にオススメです!

参加費は無料で行っておりますので、興味をお持ちの方はお気軽にご参加ください。

ご予約は下記ボタンから!


LINE@からも不動産投資セミナーの参加を受け付けております。

上記QRコードよりLINE@トーク画面にて「不動産投資セミナーの参加希望」と入力してメッセージの送信お願い致します。現在スマートフォンで閲覧されてる場合は画面下部の緑のバーをタッチでLINE@に遷移しますのでメッセージ送信お願いします。

収益物件ならお任せください

個別セミナーを随時実施中です。初心者の方も気軽にお問い合わせください。

06-6949-8812

営業時間 10:00~20:00

お問い合わせ頂いた内容を担当者より
ご連絡させていただきます

個別セミナー随時受付中

収益物件はおまかせください。

06-6949-8812

営業時間 10:00~20:00

お問い合わせフォーム