スイッチフェア 大阪周辺の不動産投資(区分所有)部件ご案内

区分収益物件 一棟収益物件 収益不動産 大阪

医師がマンション投資で得られる効果と3つの節税メリット

カテゴリ:医師向け不動産投資情報
配信日 : 更新日 :


不動産投資は資産形成などを目的に始める医師も多く、忙しい医師にとって様々なメリットがあります。

特に税金が節税できるメリットも大きく、節税目的で取り組む医師も多くいます。

マンション投資を始める事で今まで支払っていた税金が還元され、税金の支払いを減らす事ができるので、医師にとっても大きなメリットとなります。

今回は、高所得の医師だからこそマンション投資で得られる効果と3つの節税メリットをお伝えします。

医師は収入が高い分収める税金が多い

日本の所得税は累進課税制度という制度が設けられており、所得が高くなればなるほど税金が上がる仕組みになっています。

医師は年収が1000万円以上の高所得者に属することから、その分一般的なサラリーマンよりも収める税金も多くなります。

医師は激務と言われており、給与の5/1は税金の支払いとして持っていかれるのは納得いかないと考えている人もいるかもしれません。

税金対策をせずに過ごしてしまうと、給料が上がれば上がるほど税金の支払いも多くなるということです。

医師の平均年収

国税局が発表した平成28年度の年齢階層別生涯の平均給与は男性平均が521万円となっていますが、医師の平均給与はその2倍以上と言われています。

研修医である間の給料は少ないとは言われていますが、基本的に研修医を過ぎてからは平均年収1000万円を超えると言われており、課税率も大きく異なります。

仮に給与500万円に対する所得税は20%ですが、給与が倍の1000万円になると13%上乗せされ33%課税されてしまうことを考えると節税の大切さが大きいことがわかるでしょう。

マンション投資を始める事で節税に繋がる

医師の節税対策としては様々な方法がありますが、その中でも多忙な医師にオススメなものがマンション投資です。

収益用マンションを購入して人に貸すことで、家賃収入を得る事ができるだけでなく節税にも繋がります。

なぜマンションを購入して節税になるのか?」と疑問に思った医師もいるかもしれません。

不動産投資が節税につながる理由

不動産投資を始めることによって、所得税を節約する事ができます。

病院に勤務している勤務医であれば、毎月の給与は病院から支払われ、所得税などの税金は天引きされます。

不動産投資を行う事で、給与と不動産収入の2つの収入が発生し、この合計したものが課税対象となります。

不動産によって赤字になった場合は、残った給与所得分から課税されるため、所得税の支払いが少なくなります。

このように本業と不動産収入の収入を合算して計算することを「損益通算」と言い、これによって所得税の支払いが安くなり節税につながるというわけです。

医師がマンション投資で得られる3つの節税のメリット

ここでは、医師がマンション投資で得られる3つの節税メリットについて紹介します。

経費として計上できる項目が増える

病院に勤務する勤務医の場合は、事業者ではないため経費として計上する事ができません。

しかし、不動産投資を始める事で経費として認められる項目が増えます。

主な経費は以下の通りです。

  • 管理委託費
  • 水道光熱費
  • 修繕費
  • 融資の利息
  • 減価償却費

不動産会社に管理を委託する管理委託費や植栽や共用部分の電灯などの水道光熱費、内装や外装の修繕費などが主な経費に含まれています。

給与所得に余裕があるとしても、あえて融資を受けて不動産投資を行うことで融資の利息も経費で落とすことで節税の額を増やすことができるでしょう。

課税所得を減らす事ができる

最初の項目でもお伝えしたように、累進課税制度により収入に応じて税金が高くなる仕組みです。

不動産投資のためにマンションを購入すると経費として計上する事ができるので、年収から経費を差し引いた金額が課税対象となります。

経費が増えれば増えるほど課税所得が減るため、支払う税金が少なくなるという流れになります。

経費ばかりが減ってはマイナスになってしまうのでは?と考える医師もいるかもしれません。

原価償却費などのように実際には現金の流れがないものも経費計上することにより、会計上は赤字になっていても実際は赤字になりません。

このような仕組みを活用することにより、うまく節税対策につなげる事ができます。

相続税対策になる

マンションなどの不動産は現物資産であり、相続税対策にもなります。

土地を相続する場合は、国税庁が定めた路線価に基づき80%ほどの評価額となります。

しかし、建物を相続した場合は国定資産評価額に基づいて評価されるため、50〜60%ほどで評価される事が多いです。

土地よりも建物で相続する方が、相続税を安く抑える事ができるメリットがあります。

マンション投資を始めたら確定申告が必要になる

マンション投資は手間もかからず、忙しい医師にとってオススメの投資ですが、不動産投資を始めるにあたりいくつかの注意点があります。

不動産で収入を得る時に必要な届け出

不動産投資を始めるにあたり、いくつかの届け出が必要になります。

特に青色申告の届け出は損益通算できなくなってしまうため、提出が重要になります。

不動産投資開始後に必要になる主な届け出は、以下の通りになります。

  • 個人事業の開業届
  • 所得税の青色申告承認申請書
  • 青色事業従事者給与に関する届出
  • 所得税の減価償却資産の償却方法の届出

青色申告で65万円控除を受けるための方法

確定申告には白色と65万円控除が受けられる青色申告の2種類があります。

不動産投資では管理修繕費用などの経費がかかるため、青色の申告を活用する事で65万円控除を受ける事ができます。

青色申告での65万円控除を受ける場合の主な条件を提示します。

  • 5棟以上の貸付を行なっている
  • 貸付を行なっている室数が10室以上

5等10室以上は事業的規模の要件を満たすため、青色申告を行う事ができ、65万円控除が適応されるというわけです。

まとめ

今回は、医師のマンション投資による節税のメリットについてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

不動産投資は資産形成だけでなく、節税などのメリットも大きく、所得が多い医師に向いている投資だと言えます。

所得が上がる前から取り組む事で節税による効果も大きくなるため、気になる方は早いうちから取り組むことをオススメします。

不動産投資で失敗しないためには?

不動産投資を上手く進めるためには、「正しい情報」を身につけることが大切になります。

不動産投資に興味をお持ちの方は、資料請求&セミナーへお越しいただくことをオススメしています。

資料請求

「まずは資料請求から」という方に向けて、郵送&ダウンロード形式の資料をご用意しています。

資料請求ページは、コチラからご確認ください。

資料請求案内ページへ

個別相談&セミナー

弊社ではサラリーマンの方が適切に不動産投資をしていくための「不動産投資セミナー」を実施しております。

内容「家賃収入で年収UP!不動産投資セミナー!」

  • どんな人が買っているの?自分でも買えるのかな?
  • 興味はあるけど不動産投資のイメージが浮かばない
  • 不動産投資本やWEBで調べてもよく分からない

不動産投資の基本から丁寧にご説明しますので、これから始めたい方や初心者の方にオススメです!

参加費は無料で行っておりますので、興味をお持ちの方はお気軽にご参加ください。

ご予約は下記ボタンから!


LINE@からも不動産投資セミナーの参加を受け付けております。

上記QRコードよりLINE@トーク画面にて「不動産投資セミナーの参加希望」と入力してメッセージの送信お願い致します。現在スマートフォンで閲覧されてる場合は画面下部の緑のバーをタッチでLINE@に遷移しますのでメッセージ送信お願いします。

収益物件ならお任せください

個別セミナーを随時実施中です。初心者の方も気軽にお問い合わせください。

06-6949-8812

営業時間 10:00~20:00

お問い合わせ頂いた内容を担当者より
ご連絡させていただきます

個別セミナー随時受付中

収益物件はおまかせください。

06-6949-8812

営業時間 10:00~20:00

お問い合わせフォーム