スイッチフェア 大阪/不動産投資/中古マンション・中古戸建(戸建賃貸)売買/セミナー

区分収益物件 一棟収益物件 収益不動産 大阪

医師の不動産投資の失敗例とは

カテゴリ:不動産投資 配信日:

医師向け不動産投資

失敗例

医師の方は不動産投資をするのに、数々の有利な属性を持っています。しかしそれだけに不動産投資にのめり込んで失敗をしてしまう人もいるのです。具体的に医師の方が陥りがちな不動産投資の失敗にはどんなものがあるのでしょうか。

病院の経営資金にまで手を出してしまう

不動産投資は、借入金を用意して行うものですが、キャッシュフローも同時に必要になってきます。

もちろん病院も多額の経営資金が必要ですが、キャシュを分けて管理していないと、不動産投資にのめり込むあまりに、病院の経営資金にまで手を出してしまう人もいるのです。

本業があってこその医師であり、病院を潰してしまっては全く意味がありません。

いくら高収入である医師と言っても、流石に不動産を潤沢に購入できるほどの収入の人は少ないです。

資金管理はしっかりと行い、本業の運営に支障が出ないようにしましょう。

 

一気に手を広げて管理しきれなくなる

一方でやはり医師は融資も受けやすいというメリットがあります。

一気に資産を増やしたいと考えると、融資を受けられるのを良いことに、レバレッジを掛け、立て続けに不動産を購入してしまう人もいるのです。

管理は基本的に専門の業者に任せていればそれほど問題はないのですが、どうしても所有物件が増えると自分の監視の目が行き届かなくなることもあります。

自分で全部やろうとせずに、物件が増えてきたら専門のスタッフに任せる、信頼できる業者を探して報告させるなどの取り組みをしていきましょう。

そうしないと管理も行き届かずに、空室だらけの物件になってしまうこともあります。

物件をよく考えずに購入してしまう

医師の方は勉強が得意だったという自負もあるので、ご自分の決断に自信を持つ人が多いです。

しかし不動産投資においては、自分の得意分野ではないことをしっかりと意識して物件の購入を行わなければいけません。

エリアの知識、人口動態、周辺の設備など、それぞれ慎重に検討していく必要がありますが、多忙な医師の方は中々チェックする暇はないものです。

もし物件を選定するのであれば信頼できる業者の方の意見を聞いて、プロの意見をしっかりと取り入れていきましょう。

収益物件ならお任せください

不動産投資セミナーを随時実施中です。参加費は無料ですので、初心者の方も気軽にお問い合わせください。

06-6949-8812

営業時間 10:00~20:00

お問い合わせ頂いた内容を担当者より
ご連絡させていただきます

不動産投資セミナーの参加を随時受付中

最新収益物件情報Properties

収益物件はおまかせください。

06-6949-8812

営業時間 10:00~20:00

お問い合わせフォーム