スイッチフェア 大阪周辺の不動産投資(区分所有)部件ご案内

区分収益物件 一棟収益物件 収益不動産 大阪

戸建賃貸をリノベーションするメリット

カテゴリ:中古区分マンション
配信日 : 更新日 :


不動産投資を考えている人の中には、「築年数が古い中古ワンルームマンションを安く購入してリノベーションすれば良いのでは?」と考えている人もいるかもしれません。

最近ではリノベーションが流行っており、自由にデザインなどを決められることから魅力に感じている人もいるでしょう。

しかし、リノベーション投資にはメリットやリスクがつきものです。

今回は、投資用ワンルームをリノベーション投資するメリットとリスクについてお伝えします。

リノベーションとは?

最近耳にする機会が多い「リノベーション」ですが、あまりよく分からない人もいるかもしれません。

リノベーションとは、既存の建物に大規模な工事を行うことで機能を向上させ、物件の価値を高めることを指します。

築年数が古い建物やマンションなどの機能を向上させるために工事を行うことが、リノ
ベーションに該当します。

リノベーションと同じような意味として「リフォーム」という言葉がありますが、2つの違いについて見ていきましょう。

リノベーションとリフォームの違い

リフォームは、一般的に老朽化した建物を新築の状態の戻すことを指します。

マンションやアパートなどの場合は、入居者が退去した後の現状回復もリフォームになります。

リノベーションはリフォームのプラスアルファのイメージであり、綺麗にするだけでなく、さらに機能面での向上などを求める意味合いがあるのです。

中古ワンルームマンションをリノベーションするメリット

中古ワンルームマンションの中には、築年数が古く借り手がつかないものもあります。

そのような物件をリノベーションすることで、物件の価値を上げることも可能です。

ここでは、中古ワンルームマンションをリノベーションするメリットについて見ていきましょう。

リノベーションすることにより家賃を上げることができる

不動産は築年数が古くなればなるほど、家賃相場は下がっていくことが一般的です。

しかし、リノベーションをすることで、キッチン周りが最新機能になっているなどの設備面でのプラスがあれば、同じ築年数の相場よりも高く家賃を設定できます。

築年数が古くても、内部の設備やデザイン性が優れた部屋は、家賃が上げられるだけでなく入居が続き空室になりにくいというメリットもあります。

融資が受けやすくなる

中古物件の場合、築年数が古くなればなるほど銀行などの金融機関の審査は厳しくなります。

リノベーションを行うことにより最新設備やデザインなどを最新のものにすることで、金融機関からも評価が上がり、融資が受けやすくなります。

設備を新しくすることにより物件の資産価値が上がる

中古物件は先ほどもお伝えした通り、築年数が古くなればなるほど資産価値は下がります。

リノベーションにより設備を新しくすることで、資産価値が上がることにもつながります。

特に、キッチンやバスルームなどの水回りの設備を新しくすることで、物件の購入後に壊れるなどのリスクも低く、長期間安心して物件を管理することが可能です。

リノベーション投資のリスクとは?

先ほどの項目ではリノベーション投資のメリットについてお伝えしましたが、リスクもあります。

リノベーション投資におけるリスクについて、お伝えします。

築年数で選択肢から除外されてしまう可能性がある

リノベーションをして設備が新しくなったとは言え、築年数が古いことには変わりはありません。

借り手の中には、物件サイトを検索するときに築年数で条件を絞って見ることもあるため、築年数で除外されてしまう可能性が高いです。

築年数が20年以上の物件をリノベーションした場合、築年数の検索条件を5年以内などに絞って検索されると、ユーザーの目に触れることがありません。

賃貸物件サイトでの集客が難しくなるため、賃貸物件サイトだけに頼らず、発信できる環境を持つことが必要になります。

家賃を上げることにより価格以外でのアピールポイントが必要になる

中古マンションの場合、築年数が高くなればなるほど家賃が低くなる傾向が一般的です。

借り手の中には、家賃で物件を探す人も少なくありません。

リノベーションを行うことで、同じ築年数のマンションよりも家賃が高く設定することができます。

しかし、家賃が高くなることで借り手がつきにくく空室が続いてしまうリスクもあります。

新たに家賃以外で決定してもらえるような「アピールポイント」を打ち出す必要性があるのです。

リノベーション投資が向いている人とは?

リノベーション投資には、自分で購入した物件をリノベーションする方法とリノベーションした物件を購入する方法の2つがあります。

不動産投資に失敗しないためにも、2つの投資の違いと向き不向きについて見ていきましょう。

副業として不動産投資を始める人

すでに本業があり、不動産投資を副業として始める人は、金融機関からの評価を得ているリノベーション済みの物件を購入することをオススメします。

メリットとしては、すでにリノベーション済みであるため、すぐに家賃収入を得ることができます。

また、リノベーションを行う手間なども省けるため、時間に余裕がない人でも取り組むことが可能です。

ただし、デザインなどが決められない、金融機関からの評価を得ることができていないなどのデメリットはあります。

自己資金に余裕があり不動産に関する知識が豊富な人

自己資金に余裕があり不動産に関する知識が豊富な人は、自分で購入した物件をリノベーションして投資する方が向いているでしょう。

築年数にこだわらず物件を選べるだけでなく、自分の好きなデザインできることもメリットです。

ただし、入居者がいる期間は工事ができないため、好きなタイミングでリノベーションができるとは限りません。

また、リノベーションの工事期間中は、家賃収入を得ることができないため、資金に余裕がなければ難しいです。

リノベーション投資を成功させるために

築年数が古い物件は、リノベーションすることで資産価値を上げることができます。

リノベーション自体も流行っており、魅力に感じている人もいるでしょう。

しかし、リノベーション投資のメリットやリスクもあるため、しっかり理解しておきましょう。

リノベーション投資を成功させるためには、どのような方法が向いているのかを考えることが必要です。

不動産投資で失敗しないためには?

不動産投資を上手く進めるためには、「正しい情報」を身につけることが大切になります。

不動産投資に興味をお持ちの方は、資料請求&セミナーへお越しいただくことをオススメしています。

資料請求

「まずは資料請求から」という方に向けて、郵送&ダウンロード形式の資料をご用意しています。

資料請求ページは、コチラからご確認ください。

資料請求案内ページへ

個別相談&セミナー

弊社ではサラリーマンの方が適切に不動産投資をしていくための「不動産投資セミナー」を実施しております。

内容「家賃収入で年収UP!不動産投資セミナー!」

  • どんな人が買っているの?自分でも買えるのかな?
  • 興味はあるけど不動産投資のイメージが浮かばない
  • 不動産投資本やWEBで調べてもよく分からない

不動産投資の基本から丁寧にご説明しますので、これから始めたい方や初心者の方にオススメです!

参加費は無料で行っておりますので、興味をお持ちの方はお気軽にご参加ください。

ご予約は下記ボタンから!


LINE@からも不動産投資セミナーの参加を受け付けております。

上記QRコードよりLINE@トーク画面にて「不動産投資セミナーの参加希望」と入力してメッセージの送信お願い致します。現在スマートフォンで閲覧されてる場合は画面下部の緑のバーをタッチでLINE@に遷移しますのでメッセージ送信お願いします。

収益物件ならお任せください

個別セミナーを随時実施中です。初心者の方も気軽にお問い合わせください。

06-6949-8812

営業時間 10:00~20:00

お問い合わせ頂いた内容を担当者より
ご連絡させていただきます

個別セミナー随時受付中

収益物件はおまかせください。

06-6949-8812

営業時間 10:00~20:00

お問い合わせフォーム