スイッチフェア 大阪周辺の不動産投資(区分所有)部件ご案内

区分収益物件 一棟収益物件 収益不動産 大阪

区分マンションとは?投資用マンションの基本と種類

カテゴリ:中古区分マンション
配信日 : 更新日 :


不動産投資に興味を持っている方の中には、「区分マンション」という言葉を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか?

区分マンションとは、ワンルームなどの一室のみを購入するタイプの投資方法です。

不動産投資では、区分マンションか一棟マンションの2種類の方法がありますが、それぞれにメリットデメリットがあります。

今回は、不動産投資をこれから始めたいと考えている人に向けて、区分マンションの基本や投資用マンションの種類について詳しく解説!

投資用マンションは不動産投資を目的に用意されたもの

不動産投資でよく聞かれる「投資用マンション」という言葉。

これは、不動産投資を行うために用意されたマンションのことです。

購入した人が入居するためのものではなく、購入した物件を人に貸すことで収入を得ることができます。

投資用マンションで利益を得る方法

投資用マンションで利益を得るための方法としては、次の2つが挙げられます。

  • 家賃収入(インカムゲイン)
  • 売却利益(キャピタルゲイン)

それぞれの利益について詳しく見ていきましょう。

家賃収入(インカムゲイン)

インカムゲインとは、投資用マンションに入居している人から家賃収入を得るものです。

入居者が入居し続けている限り入ってくるものであり、安定した収入を得ることが可能です。

売却利益(キャピタルゲイン)

キャピタルゲインとは、所有している投資用マンションの価格が上昇した時に売却して利益を得る方法です。

マンションの価格が低い時に購入し、価格が上昇したら売却することで、まとまった現金を得ることができます。

このように、投資用マンションには2つの利益を得る方法があります。

投資用マンションの種類は2つ

投資用マンションで利益を得る方法が分かったところで、投資用マンションの種類について見ていきましょう。

投資用マンションは大きく分けて次の2種類になります。

  • 区分マンション
  • 一棟マンション

それぞれの違いや特徴を見ていきましょう。

区分マンション

区分マンションとは、投資用マンションの一室のみを購入するものです。

独身の単身向けワンルームタイプと家族向けのファミリータイプなどの種類があります。
新築か中古かによっても価格が変わってきます。

中古区分マンションは手頃な価格のものも多く、不動産投資初心者に向いていると言われています。

一棟マンション

一棟マンションは、マンションを丸ごと購入することです。

得られる利益の金額も大きくなりますが、多額の購入資金が必要になります。

また、マンションの管理や修繕などにも手間と費用がかかるでしょう。

不動産投資初心者は中古区分マンションがオススメ

不動産投資用マンションには、区分と一棟の2つがあるとお伝えしました。

その中でも、不動産投資初心者は「中古区分ワンルームマンション」への投資がオススメです。

中古区分ワンルームマンションの投資を行うメリット・デメリットについて見ていきましょう。

中古ワンルームマンションの3つのメリット

中古ワンルームマンションの3つのメリットとしては、次の通りです。

  1. 初期費用が安く抑えられる
  2. 空室率が低い
  3. 管理しやすい

それぞれのメリットを詳しくご説明します。

①初期費用が安く抑えられる

中古区分ワンルームマンションは、新築よりも中古の方が価格が安くなります。

中古区分マンションは新築区分マンションと異なり、市場価格や希望売却価格のバランスによって価格が決まります。

そのため、新築物件よりも7割前後の価格で購入することが可能です。

初期費用がかなり安く抑えられるので、年収が500万円ほどのサラリーマンでも取り組みやすいでしょう。

②空室率が低い

中古区分ワンルームマンションの中でも、独身向けの単身用ワンルームがオススメです。

単身用ワンルームマンションは、駅の近い場所に立地しているなど条件がよく、空室率が低くなる傾向があります。

ただし、立地の条件が悪ければ空室率も高くなってしまうため、物件選びには注意が必要です。

③管理しやすい

一棟マンションの場合は、定期的にマンションの修繕が必要になるなどコストも大きくなります。

中古区分ワンルームマンションの場合は、マンションの管理会社が入っているので、毎月決まった金額を支払うことで管理を任せることが可能です。

管理のしやすさからも、サラリーマンにオススメです。

中古ワンルームマンションの3つのデメリット

次に、中古ワンルームマンションの3つのデメリットについて、見ていきましょう。

中古ワンルームマンションの3つのデメリットは、下記になります。

  1. 築年数が古い物件は耐震性や耐久性に不安がある
  2. 担保力が低い
  3. 間取りが古い傾向がある

それぞれのデメリットについて、詳しく見ていきましょう。

①築年数が古い物件は耐震性や耐久性に不安がある

中古区分マンションは築年数が古くなればなるほど、耐震性や耐久性が低くなります。

日本では、1981年に「新耐震基準」が実施されているので、1981年以前の物件は新基準を満たしていないことが考えられます

そのため、耐震性の低さのリスク回避するためには、1981年以降の物件を選ぶことが大切です。

購入価格が安さだけで購入してしまうと、耐震性の問題などがあるため、しっかり見極めることが必要になります。

②担保力が低い

中古マンションは新築マンションと比べると、担保力が低い傾向があります。

フルローンでの購入は難しいため、融資交渉を有利に進めるためにもある程度の自己資金の用意は必要です。

自己資金に関する内容は、下記の記事で詳しく紹介しています。

③間取りが古い傾向がある

中古マンションの築年数にもよりますが、新築物件と比べると間取りが古い傾向があります。

最近のマンションは「風呂・トイレ別」が主流となっており、3点ユニットバスの物件は古いと感じる人も少なくありません。

このように間取りが古く感じられるものもあるため、部屋の間取りも確認しておきましょう。

条件が良い中古区分マンションを探すためには?

中古区分マンションと言っても、物件のエリアや築年数など様々な種類があります。

中古区分マンションの中には、条件がよく利回りが高いものも存在していますが、一方では条件が悪い物件も少なくありません。

条件が良い中古区分マンションを探すためには、不動産のプロに相談することが近道です。

不動産会社から情報取集を行う

不動産投資用マンションを扱う不動産会社は多く、会社選びが大変に感じる人も多いでしょう。

自分にあった信頼できる不動産会社を見つけるためにも、資料請求やセミナーへの参加で情報収集を行うことが大切です。

不動産投資で失敗しないためには?

不動産投資を上手く進めるためには、「正しい情報」を身につけることが大切になります。

不動産投資に興味をお持ちの方は、資料請求&セミナーへお越しいただくことをオススメしています。

資料請求

「まずは資料請求から」という方に向けて、郵送&ダウンロード形式の資料をご用意しています。

資料請求ページは、コチラからご確認ください。

資料請求案内ページへ

個別相談&セミナー

弊社ではサラリーマンの方が適切に不動産投資をしていくための「不動産投資セミナー」を実施しております。

内容「家賃収入で年収UP!不動産投資セミナー!」

  • どんな人が買っているの?自分でも買えるのかな?
  • 興味はあるけど不動産投資のイメージが浮かばない
  • 不動産投資本やWEBで調べてもよく分からない

不動産投資の基本から丁寧にご説明しますので、これから始めたい方や初心者の方にオススメです!

参加費は無料で行っておりますので、興味をお持ちの方はお気軽にご参加ください。

ご予約は下記ボタンから!


LINE@からも不動産投資セミナーの参加を受け付けております。

上記QRコードよりLINE@トーク画面にて「不動産投資セミナーの参加希望」と入力してメッセージの送信お願い致します。現在スマートフォンで閲覧されてる場合は画面下部の緑のバーをタッチでLINE@に遷移しますのでメッセージ送信お願いします。

収益物件ならお任せください

個別セミナーを随時実施中です。初心者の方も気軽にお問い合わせください。

06-6949-8812

営業時間 10:00~20:00

お問い合わせ頂いた内容を担当者より
ご連絡させていただきます

個別セミナー随時受付中

収益物件はおまかせください。

06-6949-8812

営業時間 10:00~20:00

お問い合わせフォーム