スイッチフェア 大阪周辺の不動産投資(区分所有)部件ご案内

区分収益物件 一棟収益物件 収益不動産 大阪

中古マンションの投資はハイリスク!?中古マンション投資のメリット・デメリット

カテゴリ:中古区分マンション
配信日 : 更新日 :


不動産投資を行う上で重要になるのが、「物件選び」です。

物件には新築と中古の2種類があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。

特に、中古マンションは価格も安く、利回りも高いため、不動産投資にオススメです。

しかし、中古マンションへの投資にもデメリットは存在するので、注意点などをしっかり把握しておきましょう。

今回は、中古マンション投資のメリット・デメリットについてお伝えします。

中古だからデメリットが多いわけではない

「中古マンション」と聞くと状態が悪い、新築の方が良いなどのイメージを持つ方もいるかもしれません。

中古マンションは新築と異なり、すでに入居している状態ですが、デメリットが多いわけではありません。

中古マンションの中でも築浅の物件は見た目も中身も綺麗な状態のものもあり、人気物件の場合もあります。

中古マンションならではの良さも多い

中古マンションの中には、人気が高い物件も多く、中古ならではの良さも多いことが特徴です。

新築マンションは費用も高くなるため、手が出しにくいと感じる人も多いですが、中古マンションは費用が安く手軽な金額で購入できることも良さの一つです。

利回りが高い物件を購入することで、新築マンションよりも効率的に利益を上げることも可能になります。

このように、中古マンションならではのメリットも多いので、少額の自己資金からスタートさせたいと考える方にもオススメです。

中古マンションに投資するメリット

中古マンションには、次のようなメリットがあります。

  1. 価格の安さ
  2. 利回りが高い
  3. エリアによっては安定した経営が可能

それぞれのメリットについて、詳しく見ていきましょう。

①価格の安さ

新築マンションに比べて中古マンションは、価格の安さが特徴です。

中古マンションの価格は、新築マンションの7割から8割ほどであり、手軽な金額で購入することが可能。

また、新築マンションの場合は、値段は売主の意向で決まります。

中古マンションの場合は、売り手と買い手の双方の交渉で納得した値段で物件の価格が決まり、価格の面で違いがあります。

人気物件が新築よりも、手頃な価格で購入できるなどのメリットも大きいです。

②利回りが高い

中古マンションは、新築マンションと比べると利回りが高くなります。

利回りが高くなる理由としては、購入価格が安くても家賃が大きく異なるわけではないためです。

安く購入でき、家賃が高ければ高いほど、投資の利回りも高くなるので、利回りの高さのメリットがあります。

利回りの高さを考えると、新築マンションを購入することだけがメリットとは思いませんよね。

③エリアによっては安定した経営が可能

不動産投資の成功を左右する要因として、「エリア」があります。

人気エリアは空室のリスクも低くなるため、安定した経営が可能になります。

購入する中古マンションのエリアや立地が良い場合、不動産の価格も下がりにくくなるため、売却の時にも売りやすいメリットがあります。

中古マンションに投資するデメリット

中古マンションに投資するデメリットには、次のようなものがあります。

  1. 室内の間取りや設備が古い
  2. 修繕費用がかかる
  3. 利用できる年数が短い

それぞれのデメリットを詳しく見ていきましょう。

①室内の間取りや設備が古い

マンションの年数などによって、室内の間取りや設備が古いことがあります。

マンションにもトレンドがあり、最近ではバス・トイレ別の物件が人気となっています。

間取りによっては、エリアが良くても入居者が入りにくいことも考えられます。

②修繕費用がかかる

中古マンションによっては、大幅な修繕がかかることもあります。

修繕やメンテナンスは空室のリスクを下げるためにも必要ですが、大掛かりな修繕になるとかなりの費用がかかることも。

購入後に修繕が必要になり、かなりの出費が必要になることもあるため、メンテナンスなどの状況を確認しておくことも必要です。

③利用できる年数が短い

中古マンションの場合、年数が経過しているため、利用できる年数が短くなります。

マンションの平均寿命は60年ほどと言われているため、安く購入できたとしても、利用年数が短ければ資金を回収できないことも考えられます。

中古マンションに投資する場合は、値段の安さだけでなく、築年数の浅い物件がオススメです。

中古マンション投資で注意したいポイント

ここでは、中古マンション投資を行うときに、注意したいポイントについてお伝えします。

将来的にニーズが見込めるエリアを選ぶ

地方エリアなどの中古マンションは、価格の安さから購入しやすい環境です。

物件の価値などを考えると、将来的にニーズが見込めるエリアを選ぶことがポイント。

中古マンションの経営を成功させるためには、料金の安さだけでなく、人が多いエリアなどを見極めて選ぶことが大切になります。

昭和58年以降の物件を目安に選ぶ

中古マンションの中でも築年数が古すぎる物件は要注意です。

新耐震基準がしっかり守られている物件を選ぶことが大切になります。

目安としては、昭和58年以降の物件を基準として選ぶと分かりやすいでしょう。

建物の管理状況を把握する

中古マンションによっては、物件の管理が行き届いていないものもあります。

修繕工事が一度も行われていない物件などの場合は、購入後に大幅な修繕工事が必要になるなどトラブルの原因となります。

建物を購入する前に、管理状況についてしっかり調べて把握しておくことが大切です。

まとめ

今回は、中古マンションの投資のメリット・デメリットについてお伝えしました。

中古マンションは価格も安く、利回りも高いなどのメリットがあります。

一方では、修繕費用がかかるなどのデメリットもあるため、デメリットを理解して選ぶことが大切です。

中古マンションの選び方などについては、不動産のプロに相談することでサポートを受けることができます。

不動産投資で失敗しないためには?

不動産投資を上手く進めるためには、「正しい情報」を身につけることが大切になります。

不動産投資に興味をお持ちの方は、資料請求&セミナーへお越しいただくことをオススメしています。

資料請求

「まずは資料請求から」という方に向けて、郵送&ダウンロード形式の資料をご用意しています。

資料請求ページは、コチラからご確認ください。
資料請求ページ

個別相談&セミナー

弊社ではサラリーマンの方が適切に不動産投資をしていくための「不動産投資セミナー」を実施しております。

内容「家賃収入で年収UP!不動産投資セミナー!」

  • どんな人が買っているの?自分でも買えるのかな?
  • 興味はあるけど不動産投資のイメージが浮かばない
  • 不動産投資本やWEBで調べてもよく分からない

不動産投資の基本から丁寧にご説明しますので、これから始めたい方や初心者の方にオススメです!

参加費は無料で行っておりますので、興味をお持ちの方はお気軽にご参加ください。

ご予約は下記ボタンから!


LINE@からも不動産投資セミナーの参加を受け付けております。

上記QRコードよりLINE@トーク画面にて「不動産投資セミナーの参加希望」と入力してメッセージの送信お願い致します。現在スマートフォンで閲覧されてる場合は画面下部の緑のバーをタッチでLINE@に遷移しますのでメッセージ送信お願いします。

収益物件ならお任せください

個別セミナーを随時実施中です。初心者の方も気軽にお問い合わせください。

06-6949-8812

営業時間 10:00~20:00

お問い合わせ頂いた内容を担当者より
ご連絡させていただきます

個別セミナー随時受付中

収益物件はおまかせください。

06-6949-8812

営業時間 10:00~20:00

お問い合わせフォーム