スイッチフェア 大阪周辺の不動産投資(区分所有)部件ご案内

区分収益物件 一棟収益物件 収益不動産 大阪

シェアハウスへの投資はリスクが高い?不動産投資で失敗する3つの原因

カテゴリ:リスクと対策
配信日 : 更新日 :

シェアハウスとは、自分の部屋とは別に共同利用できるスペースがある賃貸住宅のことであり、外国人や若者の間で流行っています。

通常の賃貸マンションに比べると初期費用や毎月の家賃が抑えられ、リーズナブルな価格で住めることも魅力です。

このような背景から、シェアハウスへの投資を行う人も増えてきました。

シェアハウスを経営することで収益力が上がるなどのメリットもありますが、管理の難しさなどのリスクもあります。

今回は、シェアハウスへの投資のリスクと失敗する3つの原因についてお伝えします。

シェアハウスへの投資が人気の理由

インバウンドの影響もあり日本を訪れる外国人だけでなく、日本に住み生活を送る外国人も増えています。

シェアハウスは、通常の賃貸マンションよりも初期費用などのリスクが抑えられることから、外国人にも人気となっています。

シェアハウスへの投資が人気の理由について見ていきましょう。

空室のリスクが低くなる

アパート経営などの場合は、入居者が退去して空室になると家賃収入は入ってきません。

しかし、シェアハウスは1戸に複数の世帯が入居するため、1人が退去しても家賃収入がゼロにならないため、空室のリスクが低くなります。

そのため比較的安定した収入を得ることができる点でも人気となっています。

入居者が決まりやすい

多くのシェアハウスでは、キッチンなどが共用部分となっており、家電や家具が揃っています。

入居者は手荷物一つで引っ越しができるということもあり、コストパフォーマンスの良さから入居者が決まりやすいです。

シェアハウスは通常の賃貸マンションよりも家賃は安いため、人気エリアの場合はすぐに埋まってしまうこともあります。

手軽に新生活が始められるということでも、入居者にとって魅力が高いです。

収益力が上がる

区分マンションなどの場合は、1戸に1世帯となっていますが、シェアハウスの場合は1戸で複数の入居者がいるので収益力が上がります。

1戸で10人の入居者がいる場合、10人から家賃を得ることができるので、効率的に収益を上げることができる点もメリットです。

シェアハウスの不動産投資のリスクとは?

シェアハウスには魅力的なメリットもありますが、知っておかなければならないリスクもあります。

シェアハウスへの不動産投資を行うリスクについて、見ていきましょう。

管理が難しい

シェアハウスは自分の部屋があるとは言え、大部分が共有スペースであり、他人同士が生活することなります。

入居者同士の思わぬトラブルなどが起こることも考えられるため、管理が難しいと言われています。

一般的なマンション経営のような管理では対応できないため、管理の難しさに辞めたいと思う人もいるでしょう。

管理会社への委託料が高くなる

シェアハウスの管理は通常のマンション経営とは異なり、かなり難しいことが挙げられます。

入居や退去などは通常の管理会社に任せられるとして、シェアハウス全体の管理を任せるとなると委託料は高くなる傾向があります。

シェアハウスの管理のノウハウを持っている管理会社は少ないため、通常のマンションの管理よりも高額になることを知っておきましょう。

設備や適法の維持費用がかかる

1戸の物件を複数人がシェアして生活するため、予想以上に劣化が早く設備などを維持する費用がかかります。

また、戸建物件をシェアハウスに転換した場合、消防法や建築基準法などを守るために費用が発生することもあるでしょう。

シェアハウス投資で失敗してしまう3つの原因

シェアハウスには様々なリスクがありますが、実際に失敗してしまう原因として3つの例を挙げてみました。

①住人同士や近隣からの苦情やトラブル

シェアハウスは1戸建を複数人が住むように改造されたものも多いです。

立地によっては閑静な住宅街であり、住民の騒音などで近隣住民に迷惑をかけてしまうこともあります。

特にゴミ出しなど地域のルールを守らないなどの苦情やトラブルも多発しているため、シェアハウスの運営自体が難しくなります。

②物件が売却できない

シェアハウスとして経営していた物件は、売却にくくなる可能性が高くなります。

「立地さえ良ければ売れるのでは?」と考える人もいるかもしれませんが、シェアハウスの場合は銀行の融資が通りにくいため、売却できないことが多いです。

戸建であってもシェアハウスとして運営している場合は、売却が難しくなることを理解しておきましょう。

売却ができなければ、自宅として活用するなどの方法もあります。

③収支が合わない

シェアハウスは収益力が高いと言われていますが、実際に運営してみると設備投資などが高額であり、収支が合わず損をしてしまうケースもあります。

設備投資や管理料などが予想外に高くなってしまうこともあるため、収益力が高いとしても、結果的にマイナスになってしまうことも少なくありません。

不動産投資初心者には中古区分の物件がオススメ

シェアハウスは流行っていることから収益が見込めると思っている人もいるでしょう。

しかし、シェアハウスの経営は難しく、特に不動投資初心者にはオススメしません。

不動産投資初心者には中古区分のマンション物件などがオススメです。

手頃な価格で購入できるだけでなく、売却もしやすいため、手間や時間をかけずに経営することが可能です。

不動産投資で失敗しないためには?

不動産投資を上手く進めるためには、「正しい情報」を身につけることが大切になります。

不動産投資に興味をお持ちの方は、資料請求&セミナーへお越しいただくことをオススメしています。

資料請求

「まずは資料請求から」という方に向けて、郵送&ダウンロード形式の資料をご用意しています。

資料請求ページは、コチラからご確認ください。
資料請求ページ

個別相談&セミナー

弊社ではサラリーマンの方が適切に不動産投資をしていくための「不動産投資セミナー」を実施しております。

内容「家賃収入で年収UP!不動産投資セミナー!」

  • どんな人が買っているの?自分でも買えるのかな?
  • 興味はあるけど不動産投資のイメージが浮かばない
  • 不動産投資本やWEBで調べてもよく分からない

不動産投資の基本から丁寧にご説明しますので、これから始めたい方や初心者の方にオススメです!

参加費は無料で行っておりますので、興味をお持ちの方はお気軽にご参加ください。

ご予約は下記ボタンから!


LINE@からも不動産投資セミナーの参加を受け付けております。

上記QRコードよりLINE@トーク画面にて「不動産投資セミナーの参加希望」と入力してメッセージの送信お願い致します。現在スマートフォンで閲覧されてる場合は画面下部の緑のバーをタッチでLINE@に遷移しますのでメッセージ送信お願いします。

収益物件ならお任せください

個別セミナーを随時実施中です。初心者の方も気軽にお問い合わせください。

06-6949-8812

営業時間 10:00~20:00

お問い合わせ頂いた内容を担当者より
ご連絡させていただきます

個別セミナー随時受付中

収益物件はおまかせください。

06-6949-8812

営業時間 10:00~20:00

お問い合わせフォーム