スイッチフェア 大阪周辺の不動産投資(区分所有)部件ご案内

区分収益物件 一棟収益物件 収益不動産 大阪

不動産投資を少額の1万円から始められる不動産クラウドファンディングとは?

カテゴリ:少額で始める
配信日 : 更新日 :

最近では1万円の少額から不動産投資ができる、「不動産クラウドファンディング」が話題になっています。

不動産クラウドファンディングとは、簡単に説明すると投資からお金を集めて不動産を運営することです。

少額から投資できることもあり、興味を持っている方も多いと思いますが、元本保証がないなどのリスクも存在しています。

少額から取り組むことができるメリットもありますが、それだけではありません。

今回は、少額から不動産投資が始められる「不動産クラウドファンディング」についてお伝えします。

不動産クラウドファンディングは1万円からスタートできる

不動産投資をしたいけど、少額のお金しかない」という方でも、不動産クラウドファンディングであれば、運用ができます。

不動産クラウドファンディングは不動産小口化商品とも呼ばれており、最低投資額が1万円からスタートできることが特徴。

少額の投資でも安定した家賃収入を得ることができる、不動産運用のメリットを実現することが可能です。

不動産クラウドファンディングの仕組み

不動産クラウドファンディングの仕組みは、特定の収益不動産を運営する会社が、個人投資家などからお金を集めて運用するものです。

1人で所有するのではなく、運営会社に出資することで、家賃収入などのリターンを受け取ることができます。

共同で運営を行なっていくため、少額から投資に取り組むことができるのです。

不動産クラウドファンディングのメリット

不動産クラウドファンディングには、少額から投資ができる以外に様々なメリットがあります。

①1万円の少額から運用できる

不動産を購入するためには、数十万円以上の資金が必要になります。
しかし、不動産クラウドファンディングでは小口化されているので、1万円からの少額での投資が可能です。

1万円ほどの資金があれば投資できるので、比較的気軽始めることができます。

②個人では購入できないような不動産にも投資が可能

個人で不動産投資を行う場合、銀行の融資を受けるにしても収入によって融資の金額が決まります。

一般的なサラリーマンの場合、いきなり10億円を超えるような資金が必要な不動産を購入することは難しいです。

不動産クラウドファンディングであれば、個人では所有できない規模の物件にも投資ができます。

一等地のオフィスビルや1棟マンションなど、スケールの大きい物件に投資ができることも魅力の一つです。

③マイナスになるリスクが少ない

不動産クラウドファンディングには元本保証はないため、投資した金額が帰ってこないこともあります。

しかし、不動産小口化商品の中には、元本割れのリスクを低く抑える商品などもあります。

仕組みとしては、出資者に優先順位をつけて、損失が出た時に個人投資家への元本の支払いと分配金の支払いを担保する仕組みのことです。

このようにマイナスになるリスクが少ないことも挙げられます。

不動産クラウドファンディングのデメリット

一方、不動産クラウドファンディングにはデメリットも存在します。

①融資が受けられないのでレバレッジが効かない

不動産を購入することで、所有している物件を担保に入れることでレバレッジを効かすことができます。

不動産投資のメリットであり、レバレッジを利用して資産形成のスピードを早めることが可能です。

しかし、不動産クラウドファンディングの場合は、レバレッジを効かすことができないため、担保に入れてローンを組むことができません。

②投資の対象の不動産の収益性が高いとは限らない

投資の対象物件の中には利回りが高く設定されているものもありますが、実際にはニーズの少ないエリアにある物件などの可能性があります。

いくら利回りが高く設定されていても、入居者が入らなければ収益を得ることができません。

自分が投資する物件の収益性が高いとは限らないことを理解しておきましょう。

③運用会社のリスク

不動産クラウドファンディングには運用会社がありますが、この会社自体が倒産してしまった場合は配当金も元本も戻ってこないことがあります。

運用会社の中には自転車操業状態のところもあるでしょう。

投資に失敗しないためにも、運用会社の評判などをしっかり確認して選ぶことが大切です。

数十万円ほどの資金があれば中古ワンルームに投資するのがオススメ

不動産クラウドファンディングは1万円の少額からスタートさせることができますが、数十万円ほどの資金がある場合は、中古ワンルームに投資することがオススメです。

中古ワンルームマンションは手軽な値段で購入できるだけでなく、資産形成や節税対策などサラリーマンにメリットの大きい投資。

入居者が住み続けている限り、安定した家賃収入を得られることから、サラリーマンに人気となっています。

中古ワンルーム投資のメリット

中古ワンルーム投資のメリットを見ていきましょう。

①ローンを利用して資産形成ができる

不動産を購入する際は、銀行の融資を受けることができます。

ローンの返済は毎月の家賃収入から行なっていくため、自己資金が少額から取り組むことが可能です。

不動産クラウドファンディングとは異なり、ローンを利用して資産形成ができることも中古ワンルーム投資のメリットです。

②複数の物件を所有することでリスク分散ができる

中古ワンルーム投資にも当然でメリットがありますが、複数の物件を所有することでリスクの分散が図れます。

立地や築年数などを分散することで、災害や空室のリスクなどを分散することができるので、必ずしも中古ワンルーム投資のリスクが大きいとは限りません。

③流動性が高く現金化しやすい

不動産投資の魅力の一つとして、流動性が高く現金化しやすいことがあります。

不動産クラウドファンディングの場合はすぐに現金化することが難しいですが、所有している物件を売却することでまとまった資金を得ることが可能です。

特に大阪・東京エリアの不動産物件はニーズも多く、流動性の高さもメリットとして挙げられます。

中古ワンルーム投資のデメリット

中古ワンルーム投資のデメリットについてもしっかり見ていきましょう。

①耐用年数が短い

マンションの寿命は、一般的に60年ほどと言われているため、耐用年数が短いことが挙げられます。

中古で購入することは、新築と比べると運用できる期間が短くなることを理解しておきましょう。

②間取りやデザインが古い場合がある

中古ワンルームマンションの中には、間取りやデザインが古いものも少なくありません。

築年数が古い場合は、設備や仕様なども古くなっているため、借り手がつきにくいこともあるでしょう。

すでに入居している場合は内見などはできませんが、外観などメンテナンスが行き届いているかどうか確認が必要です。

資産形成を早く行うなら中古ワンルームマンションへの投資がオススメ

今回は、少額から投資ができる不動産クラウドファンディングについてお伝えしました。

不動産クラウドファンディングは少額から始められるメリットもありますが、資産形成のスピードが遅いなどのデメリットもあります。

資産形成を早く行うなら中古ワンルームマンションへの投資がオススメです。

不動産投資で失敗しないためには?

不動産投資を上手く進めるためには、「正しい情報」を身につけることが大切になります。

不動産投資に興味をお持ちの方は、資料請求&セミナーへお越しいただくことをオススメしています。

資料請求

「まずは資料請求から」という方に向けて、郵送&ダウンロード形式の資料をご用意しています。

資料請求ページは、コチラからご確認ください。

資料請求案内ページへ

個別相談&セミナー

弊社ではサラリーマンの方が適切に不動産投資をしていくための「不動産投資セミナー」を実施しております。

内容「家賃収入で年収UP!不動産投資セミナー!」

  • どんな人が買っているの?自分でも買えるのかな?
  • 興味はあるけど不動産投資のイメージが浮かばない
  • 不動産投資本やWEBで調べてもよく分からない

不動産投資の基本から丁寧にご説明しますので、これから始めたい方や初心者の方にオススメです!

参加費は無料で行っておりますので、興味をお持ちの方はお気軽にご参加ください。

ご予約は下記ボタンから!


LINE@からも不動産投資セミナーの参加を受け付けております。

上記QRコードよりLINE@トーク画面にて「不動産投資セミナーの参加希望」と入力してメッセージの送信お願い致します。現在スマートフォンで閲覧されてる場合は画面下部の緑のバーをタッチでLINE@に遷移しますのでメッセージ送信お願いします。

収益物件ならお任せください

個別セミナーを随時実施中です。初心者の方も気軽にお問い合わせください。

06-6949-8812

営業時間 10:00~20:00

お問い合わせ頂いた内容を担当者より
ご連絡させていただきます

個別セミナー随時受付中

収益物件はおまかせください。

06-6949-8812

営業時間 10:00~20:00

お問い合わせフォーム