スイッチフェア 大阪/不動産投資/中古マンション・中古戸建(戸建賃貸)売買/セミナー

区分収益物件 一棟収益物件 収益不動産 大阪

不動産投資で融資を受けるために必要な自己資金はいくら?

カテゴリ:融資を受ける
配信日 : 更新日 :

不動産投資は銀行からの融資を受ける事ができ、手元の自己資金が少額でもスタートできる投資です。

しかし、銀行の融資を活用できるとは言え、いくらかの自己資金が必要になります。

「自己資金はどれくらいあれば大丈夫?」「自己資金と銀行の融資の関係は?」「年収はどれくらいでローン審査は通るのか?」など…。

不動産投資をお考えの方の中には、上記のような疑問をお持ちの方もいるかもしれません。

今回は、これから不動産投資をお考えの方に向けて、不動産投資と自己資金についてお伝えします。

不動産投資は融資が受けられる投資方法

不動産投資は株式投資などと異なり、銀行からの融資を受ける事ができます。

株式投資やFXなど、投資には様々な種類がありますが、その中でも銀行の融資が受けられるのは不動産投資だけです。

このように、ローンを組んでマンションを購入できるため、手元の自己資金が少ない場合でも取り組める事が特徴です。

少ない自己資金で始める事ができる

銀行からの融資を受けるためには審査などの条件がありますが、審査をクリアする事で手元の自己資金が少ない場合でもスタートさせる事ができます。

少ない自己資金で不動産投資を始められる理由としては、不動産は現物資産となり、それを担保としてローンを組む事ができるためです。

少ない自己資金で高額のマンションなどの不動産を購入できることを、レバレッジ効果と呼びます。

不動産投資で融資を受けるために必要な自己資金は?

不動産投資が少額の自己資金でも始められるとお伝えしましたが、自己資金が必要ないわけではありません。

銀行からの融資を受けるためには、ある程度の自己資金の準備も必要になります。

この項目では、不動産投資で融資を受けるために必要な自己資金について詳しく紹介します。

少額でも自己資金が必要な理由

不動産投資は銀行の融資を活用することで少ない自己資金で取り組む事ができます。

銀行の審査には年収や属性などを含めた様々な条件がありますが、自己資金も重要な要素の一つになります。

なぜ少額でも自己資金が必要になるのでしょうか?

自己資金はローンの頭金であり、自己資金の準備の有無によってその人の人間性の評価などにも繋がっています。

自己資金が準備できる人は、お金の管理に問題がなく返済能力が高い人と評価され、ローン審査で有利になります。

物件を購入するために必要な一部の資金という考え方だけではなく、融資の評価などにも影響します。

融資がつきやすい自己資金の目安

先ほどは自己資金が融資を受ける時の評価につながるとお伝えしましたが、具体的にはいくらの自己資金があれば良いのか気になりますよね。

銀行からの融資がつきやすい自己資金の目安としては、購入する物件価格の20%と言われています。

物件の20%の自己資金が準備できれていれば銀行の融資がつきやすいため、これから自己資金を準備する人は目安にしてください。

最低年収はどれくらいなら安心?

銀行からの融資を受けるためには自己資金だけでなく、年収も大切な要素の一つです。

年収が高ければ高いほど返済能力が認められ、ローン審査も通りやすくなります。

ローン審査をパスしやすい最低年収としては600万円あたりが目安となります。

年収が500万円前後がボーダーとも言われていますが、金融機関によっては審査に通らない場合もあるため注意が必要です。

自己資金が多くても不動産投資には逆効果!?

不動産投資は銀行の融資を受けられる事がメリットの一つとお伝えしましたが、自己資金をたくさん準備して借り入れが少ない方が良いのでは?とお考えの方もいるのではないでしょうか?

実は、自己資金が多くても不動産投資にとっては逆効果となってしまう事があります。

多額の自己資金を手元に不動産投資を始める事でローン返済は楽になりますが、レバレッジ効果が得られなくなってしまいます。

不動産投資は銀行のお金を活用しながら経営していく方法であるため、自己資金で全てまかなってしまうと不動産投資のうま味が薄れてしまいます。

このように不動産投資は、自己資金が多ければ良いというわけでもないのです。

「自己資金ゼロ」で始めた場合のメリット・デメリット

最近では自己資金がゼロで不動産投資を始める事ができるサービスも人気となっています。

手元の自己資金が全くない状態で不動産投資をスタートできたら魅力的ですよね。

しかし、「自己資金ゼロ」にはデメリットもあるため注意が必要です。

自己資金ゼロで始めた場合のメリット

自己資金ゼロで不動産投資を始める場合のメリットとしては、次のようなものが挙げられます。

  • キャッシュが手元に残る
  • 利回りが高くなる

自己資金を準備する必要がないため、キャッシュを手元に残した状態でスタートさせる事ができます。

万が一、収入が途絶えてしまった状態になっても手元のキャッシュで返済を続ける事ができます。

まとまった額が手元に残っている事で余裕を持って取り組む事ができます。

そして、投資額対する利回りも大きくなるため、投入した自己資金が少なければ少ないほど投資の効率が高くなる事がメリットの一つでもあります。

このように魅力的なメリットもありますが、一方では注意したいデメリットもあります。

自己資金ゼロで始めた場合のデメリット

  • 融資の金利が高くなる
  • 返済困難になるリスクがある

自己資金ゼロで不動産投資を始めた場合、最も大きなデメリットとして融資の金利が高くなる事です。

金融機関では、自己資金が多ければ金利を下げ、少なければ金利を上げる動きになるため、金利が高くなる傾向が高いです。

その結果、自己資金ゼロで始める事ができても毎月のキャッシュが手元に残らない、またはマイナスになる事態に陥ることもあります。

そして、自己資金ゼロで始める人の中には資金に余裕がなく、想定外の出費や空室が起こった場合に返済が困難になるリスクがあります。

スタートに資金がかからないからと言って、浪費をするのではなく計画的に資金繰りを行う必要があります。

不動産投資を計画的に始めるためのポイント

不動産投資は長期的な投資であり、計画的に行う事が成功するために必要です。

数百万円単位の自己資金を準備しておく

不動産投資を本気で取り組みたいと考えている人は、まず数百万円単位の自己資金の準備から始めることをオススメします。

自己資金の目安としては300万円ほどと言われているため、この金額が準備できれば安心して不動産投資を始める事ができます。

自己資金ゼロでも不動産投資は始められますが、金利が高くなったり、審査が厳しくなったりするなどデメリットが大きいため、不動産投資初心者にはオススメしません。

不動産投資で成功させるためには、自己資金を計画的に準備して取り組む事が大切です。

手元の自己資金が低くても不動産投資に有利な人

不動産投資を始めるためには自己資金の重要性をお伝えしましたが、中には手元の自己資金が少なくても始められる人もいます。

それは、属性です。

属性とは公務員は医者、大手企業に勤めるサラリーマンなどのポジションを意味しますが、属性が有利に働く場合もあります。

特に医師や弁護士などの資格保持者は社会的な信用が高く、自己資金が低くても審査に通りやすいです。

大手企業のサラリーマンなども勤め先が安定していることから、属性を活かすことができます。

このように自分自身の属性を活かしながら、自己資金が少ない状態でも不動産投資に取り組むことも方法の一つです。

まとめ

今回は、不動産投資を考える人に向けて必要な自己資金についてお伝えしました。

自己資金は人間性を評価する上でも重要な要素の一つであり、色々な役割があります。

不動産投資は銀行の融資を受けられる投資ですが、失敗しないためにも計画を立てて取り組む事が重要になります。

不動産投資で失敗しないためには?

不動産投資を上手く進めるためには、「正しい情報」を身につけることが大切になります。

弊社ではサラリーマンの方が適切に不動産投資をしていくための「不動産投資セミナー」を実施しております。

内容「家賃収入で年収UP!不動産投資セミナー!」

  • どんな人が買っているの?自分でも買えるのかな?
  • 興味はあるけど不動産投資のイメージが浮かばない
  • 不動産投資本やWEBで調べてもよく分からない

不動産投資の基本から丁寧にご説明しますので、これから始めたい方や初心者の方にオススメです!

参加費は無料で行っておりますので、興味をお持ちの方はお気軽にご参加ください。

ご予約は下記ボタンから!


LINE@からも不動産投資セミナーの参加を受け付けております。

上記QRコードよりLINE@トーク画面にて「不動産投資セミナーの参加希望」と入力してメッセージの送信お願い致します。現在スマートフォンで閲覧されてる場合は画面下部の緑のバーをタッチでLINE@に遷移しますのでメッセージ送信お願いします。

収益物件ならお任せください

個別セミナーを随時実施中です。初心者の方も気軽にお問い合わせください。

06-6949-8812

営業時間 10:00~20:00

お問い合わせ頂いた内容を担当者より
ご連絡させていただきます

個別セミナー随時受付中

収益物件はおまかせください。

06-6949-8812

営業時間 10:00~20:00

お問い合わせフォーム