スイッチフェア 大阪周辺の不動産投資(区分所有)部件ご案内

区分収益物件 一棟収益物件 収益不動産 大阪

不動産投資が始められる年収と自己資金の目安はいくら?

カテゴリ:融資を受ける
配信日 : 更新日 :


不動産投資に興味を持っている人の中には、「年収が高くないとできない」と思っている人もいるかもしれません。

不動産投資は銀行の融資を活用して行うため、審査が必要になります。

年収も審査に必要な情報の一つですが、年収300万円台であっても不動産投資に取り組むことは可能です。

今回は、不動産投資が始められる年収と自己資金の目安についてお伝えします。

不動産投資を始められる年収の目安は約500万円

一般的に銀行の融資が通る年収の金額としては、約500万円と言われています。

年収が500万円ほどであれば、銀行の審査も通りやすいと言われているため、年収のボーダーとして考えられています。

年収が高ければ高いほど、金融機関で受けられる融資の額も高くなるため、年収500万円以上は有利に交渉が進められるメリットもあります。

ただし、年収500万円であっても貯金がゼロ、借金があるなどの場合は審査に通らないこともあるため注意が必要です。

自己資金の目安は約300万円

一方、不動産投資を始めるための自己資金の目安は、約300万円と言われています。

年収が少なくても自己資金があれば、交渉を有利に進めることができます。

不動産投資をスムーズに始めるためにも、余裕を持って自己資金を貯金しておきましょう。

年収500万円のサラリーマンが不動産投資を始めるコツ

年収500万円のサラリーマンが不動産投資を始めるためのコツとしては、次のようなものがあります。

それぞれのコツについて詳しくお伝えします。

銀行の融資金額の目安は年収の5〜10倍程度

年収500万円の場合、銀行の融資金額は年収の5〜10倍程度が平均になります。

金融機関からの融資も受けやすく、取り組みやすい特徴がありますが、条件などによっては借り入れ金額が少なくなる可能性もあります。

逆に属性などの条件によっては、年収の10倍の融資も期待することができます。

公務員や大手企業、弁護士、医師などの属性の方は、自分の属性をフルに活用することで融資交渉を有利に進めることが可能です。

5000万円程度の物件への投資

年収500万円の場合、融資額が5〜10倍が目安となるため、5000万円程の物件への投資が視野に入ります。

5000万円の投資の具体的な例としては、中古アパート1棟なども含まれます。

中古アパート1棟を投資することで、収益を上げることが可能です。

区分マンションを1つずつ増やして利益を上げる

「いきなり中古アパート1棟への投資は不安がある」という人は、区分マンションを1つずつ購入して増やしていく方法もあります。

区分マンションを担保にして銀行の融資を受けることができるので、レバレッジを効かせながら資産を増やすことができます。

アパート1棟、区分マンションのどちらにもメリット、デメリットはあるので、しっかり見極めて決めることが大切です。

年収が300万円台でも不動産投資は始められる

先ほどは年収の500万円が不動産投資のボーダーになるとお伝えしましたが、年収300万円であっても不動産投資は可能です。

年収が高ければ高いほど、銀行の融資を受けやすいメリットはありますが、「年収が低いから無理」というわけではありません。

属性によって融資を受けることが可能

20代の若い世代は年収が低く、300万円代の人も少なくありません。

金融機関は年収だけで審査するのではなく、その人の自己資金や属性などトータルで判断します。

今は年収が低い状態でも、属性が良かったりこれから年収が増える見込みがある場合などは、融資を受けることができます。

例えば、看護師や医師、公務員などの属性が良い人は、年収が低くても年収の10倍ほどの融資を受けられることもあります。

年収300万円のOLやサラリーマンが不動産投資を始めるコツ

年収300万円のOLやサラリーマンが不動産投資を始めるコツとしては、次のようなものが挙げられます。

それぞれの内容を詳しくお伝えしていきます。

銀行の融資金額の目安は年収の5〜8倍程度

年収300万円の場合、銀行の融資金額は年収の5〜8倍ほどになります。

先ほども述べたように属性によっては、融資の限度額が10倍になることも考えられます。

属性や自己資金などの条件によっては、融資の限度額もアップするため、有利に交渉を進めることが可能です。

ただし、金融機関によっては年収500万円以上でなければ融資が受けられないとの条件を設けているところもあるため注意が必要です。

銀行の融資の審査に不安がある場合は、不動産会社の提携先の金融機関などを利用するとスムーズに進めることができます。

2500万円程度の中古区分マンションへの投資

融資額から考えて、2500万円程度の中古区分マンションが投資の対象物件となります。

物件のエリアによっても変わりますが、新築のワンルームマンションや中古区分マンションなどが挙げられます。

地方などであれば、1棟アパートの経営も不可能ではありませんが、融資が可能な築年数を視野に入れた物件選びが必要になります。

実績を積んで投資規模を増やしていく

不動産投資の考え方としては、中古区分のワンルームマンションから大きな利益を期待することは難しいでしょう。

まずは購入した物件での実績を積み、1戸、また1戸と投資規模を増やしていくことが堅実な進め方です。

銀行からの融資を受けやすくするポイント

銀行の融資では、年収以外にも様々な項目を確認してトータルで判断されます。

属性や年収、借金の有無、自己資金の金額など、満たすことで交渉を有利に進めることも可能です。

融資の審査に関しては、下記の記事で詳しく説明しているので参考にしてください。

不動産投資のローンの審査の内容は?不動産投資のローンの仕組みについて

不動産会社からの紹介や提携先を利用する

銀行の融資を受けやすくするポイントとしては、不動産会社からの紹介や提携先を利用することです。

不動産会社からの紹介により、交渉をスムーズに進めることができます。

担当営業マンも同行してもらえることもあるので、1人で交渉するよりも心強いでしょう。

綿密な収支計画を立てて交渉する

交渉をスムーズに進めるためには、綿密な収支計画を立てて交渉することも必要です。

銀行は返済能力がある人に融資をするため、年収が低くても収支計画がしっかり立っていることで審査に通りやすくなることもあります。

収支計画は不動産投資を始める上でも大切なものになるため、しっかり把握しておきましょう。

不動産投資で失敗しないためには?

不動産投資を上手く進めるためには、「正しい情報」を身につけることが大切になります。

不動産投資に興味をお持ちの方は、資料請求&セミナーへお越しいただくことをオススメしています。

資料請求

「まずは資料請求から」という方に向けて、郵送&ダウンロード形式の資料をご用意しています。

資料請求ページは、コチラからご確認ください。

資料請求案内ページへ

個別相談&セミナー

弊社ではサラリーマンの方が適切に不動産投資をしていくための「不動産投資セミナー」を実施しております。

内容「家賃収入で年収UP!不動産投資セミナー!」

  • どんな人が買っているの?自分でも買えるのかな?
  • 興味はあるけど不動産投資のイメージが浮かばない
  • 不動産投資本やWEBで調べてもよく分からない

不動産投資の基本から丁寧にご説明しますので、これから始めたい方や初心者の方にオススメです!

参加費は無料で行っておりますので、興味をお持ちの方はお気軽にご参加ください。

ご予約は下記ボタンから!


LINE@からも不動産投資セミナーの参加を受け付けております。

上記QRコードよりLINE@トーク画面にて「不動産投資セミナーの参加希望」と入力してメッセージの送信お願い致します。現在スマートフォンで閲覧されてる場合は画面下部の緑のバーをタッチでLINE@に遷移しますのでメッセージ送信お願いします。

収益物件ならお任せください

個別セミナーを随時実施中です。初心者の方も気軽にお問い合わせください。

06-6949-8812

営業時間 10:00~20:00

お問い合わせ頂いた内容を担当者より
ご連絡させていただきます

個別セミナー随時受付中

収益物件はおまかせください。

06-6949-8812

営業時間 10:00~20:00

お問い合わせフォーム